Webサービスを統合管理できるアプリ Station を導入した

なぜ導入したか

チャットワークや Facebook Messenger 、その他連絡ツールを一括して管理できるアプリはないか調べていた中で、 Franz を知った。他に統合管理アプリを調べていると、 StationRambox がおすすめされていた。この中から、 Station を選んだ。

そもそも、 Web サービスについて無節操に導入を繰り返していたのが原因である。その中には必要不可欠となったサービスもあったし、不要になったサービスもある。しかし、それを横断的に閲覧できないという点も、同様のサービスを導入してしまう一つの理由になっていたのではないかと思う。

Station を選んだ理由

デザインである。 Rambox のほうが URL 入力による連携も可能なため、機能性でいえば Rambox に優位性がある。だが、私は Station のデザインが気に入り、そちらを常用するのを決めた。

一番求めている機能

一番必要なのは LINE が同期できることである。だが、これは難しいことだというのは少し考えればわかることで、というのも、 LINE はかなり日本の限定的なアプリなため、開発元が主に海外の上記アプリでは対応が難しいということが理解できるからだ。なので私は、可能なら LINE は使わないようにしていくことのほうがいいのかもしれないと考えている。

が、現在はまだ個人的なやりとりなどで LINE はコミュニケーションツールとして必要不可欠なため、メインツールとして利用している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です