Anker Ultra-Slim Bluetooth Keyboard 購入

外出先でちょっとした文章を入力する際、 iPhone 標準キーボードはフリック入力に慣れていないせいもあり、文字入力に時間がかかる。それを解消したかったため、ネットでレビューの良いAnker Ultra-Slim Bluetooth Keyboard を購入した。

他商品と比較した点、まず大きな理由は価格である。 Anker 製品は安価で品質もそれなりに良い商品が揃っており、レビューでも評価が高かったため購入の決め手になった。

ワイヤレスキーボードは他に USB 接続の Logicool K270 キーボード程度しか所有していなかったため、実機での比較もしにくかったが、この商品はそんなに問題なく使用できているので、幸いにも買い替えたり他商品を検討することはなく、現在も使用している。

日本語入力は Tab キーを押下することで [ 日本語かな ] → [ 日本語英数 ] → [ 英数字 ] に切り替えできる。一部キー配列がコンパクトサイズに合わせて変更されているため注意が必要。

タイプ音はもう少し静かでもいいかもしれない。カフェや飲食店などで使用する場合、周りが静かだと気になる。また、複数機器の切り替えがもっと手軽にできるといいと思ったが、さすがにこの機種では難しいか。

実際に購入した色はブラック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です