WordPress と Twitter を連携してブログをアクセスアップするための4ステップ

「 WordPress で記事を投稿したあと、 Twitter に自動投稿すればアクセスアップになると聞きました。どのようにしたらいいでしょうか?」

私「 JetPack プラグインを利用すれば可能です。」

ブログ記事を投稿した後、 Twitter で自分でコピペして記事を報告している方も多いと思います。

意外と手間取って面倒だし、後でやろうとついつい忘れてしまうことはありませんか。

そんなときは Jetpack のプラグインを使えば、 WordPress で記事を投稿したあと自動的に Twitter に投稿できます。

Jetpack を使ってブログ記事を Twitter に自動投稿しよう

初期設定がちょっと複雑ですが、最初だけ設定すれば Twitter からのブログ流入が狙えます。

次から、方法を説明します。

Twitter に自動投稿する手順の簡単な説明

  1. Twitter アカウント開設
  2. Jetpack プラグインインストール( WordPress.com との接続がまだの場合は連携)
  3. Jetpack の設定
  4. WordPress.com と Twitter との連携

以下の記事を参考にさせていただきました。

エラーが出た時の対処法

私の環境では、以下のようなエラーが出たので、トラブル解決法を記載します。

エラー 1

Jetpack をインストールしようとしたらプラグイン追加画面でエラー表示が出ました。

以前削除したプラグイン情報が残っていたためのようです。 FTP 上で Jetpack のディレクトリを削除して再インストール可能になりました。

FTP への接続方法は、別でまとめます。

エラー 2

Jetpack インストール後、有効化しようとすると「Unable to insert blog. Please try again or contact support. 」と表示される。

「 WordPress アドレス」と「サイトアドレス」が違っていると、このエラーが出るようです。

jetpack エラー詳細: Unable to insert blog. Please try again or contact support. の対策 – イロハバンク Web制作部

上記の記事を参考に、「 WordPress アドレス」と「サイトアドレス」を一時的に共通化させて解決しました。

Twitter への自動投稿は JetPack を使おう

手順を再度まとめます。

  1. Twitter アカウント開設
  2. Jetpack プラグインインストール( WordPress.com との接続がまだの場合は連携)
  3. Jetpack の設定
  4. WordPress.com と Twitter との連携

簡単に Twitter に連携したい方は、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です