Siensync G090 ゲーミングキーボードを購入

Siensync G090 とは

Siensync は中国に本社を持つサプライヤーメーカーのようだ。端的に言うと中華キーボードである。

購入の経緯

京都市寺町のじゃんぱらにて、セール品として販売されていた。ゲーミングキーボードに興味を持ち始めており、価格も税込み990円と安かったため思わず購入。

内容物一式。キープラー、取扱説明書が付属

どうやら中古品のようで、開封・返品されたようだ。 Amazon では約 2,000 円で販売されているので、およそ半額で購入できたことになる。次からは、このキーボードについて気づいた点などを記載していく。

キーボードの種類

キートップを外して中を見たが、青軸や茶軸といったような軸が見当たらなかったため、メンブレン方式のキーボードのようだ。

ライトについて

ライトは3種類の発光パターン・消灯が選べる。また明るさは3段階・消灯に設定可能。設定は Fn キー + ScrollLock キーを押下するごとに発光パターンを変更。 Fn キー + PageUp / PageDown キー押下で明るさ調整。

タイピング音について

心地よく感じる。そんなにうるさすぎず、ある程度の押下感が得られる。エンターキー・スペースキーの押下音は若干大きい。

キーレイアウト

一般的な 106 キーボードレイアウト。ゲーミングキーボードであれば普通なのだろうが、 Fn キーも離れているため使いやすい。最近、コンパクトさを重視してキーピッチが狭いキーボードも多いが、使い慣れていないせいかタイプミスが多い。その点、このキーボードのような一般的なレイアウトは、入力に慣れており使いやすい。

キーボードボディ部分の仕様

キー底面は鉄板が入っているようで、しっかりした重みを感じるものとなっている。

若干キートップが高いため、パームレストをしたほうが良いらしい。たしかに普通に入力していると、キートップが高く打ちづらい印象がある。また、アイソレーション式ではないため、リストを使用したほうが使いやすいかもしれない。

キーボード沼にはまらないようにと思っていたが…

一度ゲーミングキーボードを使ってみたいと思っていたので、かなり気に入っている。今度は、マウスも調べてみたいと思う。こうなってくると、わかってはいたがキーボード沼にはまりそうだ。

商品リンク

Amazon | ゲーミングキーボード 【日本語配列】【2年間無償保証】 26キーロールオーバー 7色LEDバックライト 防水 Siensync 106キー Windows/Mac OS対応 キーキャッププーラー付き キーボード 有線キーボード PCキーボード G090 【メーカー正規品&日本語取扱説明書付き】 | Siensync | ゲーミングキーボード 通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です