Macbook Air で使う Bluetooth キーボードを購入した

Macbook Air での文字入力を効率化するため、サードパーティ製の Bluetooth キーボードを購入した。

「フルサイズ(テンキーつき)の Macbook 用キーボードが欲しいけど、 Apple 純正は高額だし、 Windows やタブレットなどでも使いたい」と思われている方に、ぜひ購入をお勧めします。

メーカーは「 J ジョイアクセス」という、ちょっと聞いたことのないメーカーだ。どうしてこのキーボードにしたのか、理由を次から書いていく。

条件

  • フルサイズ
    • テンキーあり
  • JIS 配列
  • Bluetooth 接続
  • パンタグラフ
  • キーレイアウト mac 準拠
    • Win キーや Fn キーなどが左下にない
  • 〜5,000円台

妥協点

  • カラー
  • キーストローク

他候補のキーボードとの比較

よく YouTuber などがこちらの iClever 社製のキーボードを薦められている。しかし、私はこれにしなかった。

理由としては、上記に記した、左下に Fn キーが配置されている点が挙げられる。この場所に Fn キーがあると、 Mac で使う時にかなり違和感が大きいのではないか、と思ったからだ。

また、持ち運びを考えるなら、いわゆるテンキーレスタイプのほうが良いだろう。しかし、外出時ではとりあえず本体付属のキーボードを使う前提で、このキーボードを購入することにした。

キータイピング音

タイピング音は典型的なパンタグラフ方式のため、音もそんなに大きくなく、タイピングしていて気持ち良い。悪くない音だ。おそらくオフィスや外で使っても、そんなに気にならないのではないか。

キーボードのサイズは要注意

ただ、フルサイズのため、横幅が約 40cm ある。そのため、カフェなど狭い机で使う場合は、持ち運ぶのも大変だし、外で使うのはあまり現実的ではない。

キーバインド変更

デフォルトでは、日本語・英語切り替えが「 Ctrl + スペース 」となる。そのため、「無変換」「カタカナ・ひらがな・ローマ字」キーが実質的に機能していない。

また、 Mac の Cmd キーに相当するのが「 Option / Win 」となる。それもあり、 Cmd + C や Cmd + X 、 Cmd + Z などのショートカットキーを使いたい場合、 Apple 純正の Magic Keyboard とは若干だが位置が異なる。そのため、この場所を癖で覚えていると、それも少し使いづらいかもしれない。

どうしても気になる場合、キーバインド変更ソフトの使用を検討したいが、もう少しこのままで様子を見ようと思う。

概ね満足

さすがに 1 万円以上する、 Apple 純正の Magic Keyboard と比較しては相手が悪いだろう。

しかし、若干の使いづらさを我慢すれば、十分実用的であり、タイピングしていて打鍵感も心地よい。購入して初日だが、買って非常に満足している。

今後、先ほどのキーバインドの変更や、長時間使う上でのメリット・デメリットなども出てくると思う。そのときはまた経過を報告したい。

KZTK
1985~ | 15年以上関わってきたデザインの知識やブログ制作ノウハウをお伝えします | 京都市在住

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です