ads.txt ファイルの設置

Google Adsense を開いたところ、下記のエラーが表示されていた。

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

ads.txt とはなんぞや、と思ったので調べたところ、広告が正しいものであることを証明するものの一種であるらしい。

設置していなくても現状実害はないらしい(2018年当時の記事の記述なので、現在どうかは不明)のだが、やはりコンソール画面に赤いエラーが出ているのは気になるので、下記のサイトを参考に、 ads.txt を設置した。

「ads.txt」をアップロードする方法を超初心者向けに紹介! | ヨッセンス

具体的な記述内容は、以下。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

pub-0000000000000000 部分は、各自書き換える必要あり。

記述内容が正しいかどうかのチェックは、下記サイトにて行った。

Ads.txt 管理 | DataSign FE

提供元ページは、こちら。 話題の「ads.txt」っていったい何? 広告主なら必ず知っておきたい広告不正の手口と基礎知識 | Web担当者Forum

Local by Flywheel を使用して、WordPress サーバのローカル環境を構築する

以前は XAMPP が主流で、自分も以前は XAMPP を設定していた。でも今の主流は Local by Flywheel というものが設定も簡単なため主流らしい。(以下、「 Local 」と表記)

Local では、例えば PHP のバージョンなどが細かく設定できるようだ。さらに環境自体も複数を簡単に構築することができるらしく、非常に扱いやすいらしい。なので、一度これを入れて WordPress のローカル環境を構築してみたいと思う。

なぜローカル環境を構築することになったかというと、 WordPress はもちろんなのだが、 PHPMyAdmin などのデータベースを管理してみたいと思ったからだ。それも現状ではテストを兼ねてローカルで構築したいと思ったため。

環境が構築できたら、随時更新します。

Google Search Console 登録

アクセス解析を実施するため、 Google Search Console の登録を行った。手順を以下に記す。

トラッキングコード登録

下記サイトを参考に導入した。ありがとうございます。

サイトマップ登録

プラグイン「 Google XML-Sitemap 」をインストール。下記を参考にさせていただいた。ありがとうございます。

Simplenoteが使いやすくなっている

以前使用していたときは Markdown 形式をサポートしておらず、記述も単純であり、画像の挿入機能もなかった。そのため、約1年前に Evernote に乗り換えてからは利用を停止していた。

だが、 Evernote も料金プランが変更され、あまり小回りが効きにくくなっていると感じており、他のシンプルなテキスト入力アプリを探していた。なお、現在は簡便的に .md ファイルをローカルに生成し、 1 週間ごとに簡易メモを取っている。

今回、久しぶりに Simplenote を検索していたところ、 Markdown 形式をサポートしたとのアナウンスがあり、使用を再開することにした。

Markdown で表記し、( PC 版では)画面上部の「 Edit/Preview 」ボタンを切り替えると、 Markdown の「編集 / 表示」が切り替えられる。ワンステップ必要になるものの、このサポートは嬉しい。

もともと簡易的な記録をテーマにしたソフトウェアなので非常に使いやすい。(アプリ名のとおりだが)シンプルなノートアプリを探している方はぜひ使ってみてほしい。

Page Builder by SiteOrigin 導入に関するメモ

サイトトップページのレイアウトを見たまま構成できるプラグイン、 Page Builder by SiteOrigin の導入に当たって実施した作業のメモ。導入にあたり、下記プラグインも必要なため同時にインストール・有効化した。

  • SiteOrigin Widgets Bundle
  • Widgets for SiteOrigin
  • Black Studio TinyMCE Widget

Widgets for SiteOrigin は追加ウィジット。

Black Studio TinyMCE Widget はインストールされていないと Page Builder が使用できない為インストール必須。下記サイトを参考にさせていただいた。ありがとうございます。

が、現在うまくいっていないのでとりあえず通常のブログ形式のトップページで様子見。テーマによってフロントページの設定が有効なものとそうでないものがあるようだ。本来はデザインを固定させて表示させたいが、検討中。

Gutenberg 自動保存の更新失敗問題が解決

Gutenberg での投稿テストを兼ねて。

どうやら問題なく自動更新されている。おそらく、サイトの SSL 化ができていなかったため、 Gutenberg の自動保存が有効になっていなかったようだ。具体的には下記。

設定→一般→「WordPress アドレス (URL)」、「サイトアドレス (URL)」を https:// に修正。

自宅 PC でも様子を見るが、とりあえずこの設定で問題なく動いているようなので、これで進めてみる。

下記サイトを参考にトラブルシューティングさせていただいた。この場を借りてお礼申し上げます。