Siensync G090 ゲーミングキーボードを購入

Siensync G090 とは

Siensync は中国に本社を持つサプライヤーメーカーのようだ。端的に言うと中華キーボードである。

購入の経緯

京都市寺町のじゃんぱらにて、セール品として販売されていた。ゲーミングキーボードに興味を持ち始めており、価格も税込み990円と安かったため思わず購入。

内容物一式。キープラー、取扱説明書が付属

どうやら中古品のようで、開封・返品されたようだ。 Amazon では約 2,000 円で販売されているので、およそ半額で購入できたことになる。次からは、このキーボードについて気づいた点などを記載していく。

キーボードの種類

キートップを外して中を見たが、青軸や茶軸といったような軸が見当たらなかったため、メンブレン方式のキーボードのようだ。

ライトについて

ライトは3種類の発光パターン・消灯が選べる。また明るさは3段階・消灯に設定可能。設定は Fn キー + ScrollLock キーを押下するごとに発光パターンを変更。 Fn キー + PageUp / PageDown キー押下で明るさ調整。

タイピング音について

心地よく感じる。そんなにうるさすぎず、ある程度の押下感が得られる。エンターキー・スペースキーの押下音は若干大きい。

キーレイアウト

一般的な 106 キーボードレイアウト。ゲーミングキーボードであれば普通なのだろうが、 Fn キーも離れているため使いやすい。最近、コンパクトさを重視してキーピッチが狭いキーボードも多いが、使い慣れていないせいかタイプミスが多い。その点、このキーボードのような一般的なレイアウトは、入力に慣れており使いやすい。

キーボードボディ部分の仕様

キー底面は鉄板が入っているようで、しっかりした重みを感じるものとなっている。

若干キートップが高いため、パームレストをしたほうが良いらしい。たしかに普通に入力していると、キートップが高く打ちづらい印象がある。また、アイソレーション式ではないため、リストを使用したほうが使いやすいかもしれない。

キーボード沼にはまらないようにと思っていたが…

一度ゲーミングキーボードを使ってみたいと思っていたので、かなり気に入っている。今度は、マウスも調べてみたいと思う。こうなってくると、わかってはいたがキーボード沼にはまりそうだ。

商品リンク

Amazon | ゲーミングキーボード 【日本語配列】【2年間無償保証】 26キーロールオーバー 7色LEDバックライト 防水 Siensync 106キー Windows/Mac OS対応 キーキャッププーラー付き キーボード 有線キーボード PCキーボード G090 【メーカー正規品&日本語取扱説明書付き】 | Siensync | ゲーミングキーボード 通販

自作パソコン・ BTO パソコンを組み立てるならこうする

昔、何度か BTO パソコンを使ったことがあった。確か最初に購入したのは BTOパソコンのFaith(フェイス) (現在はツクモに吸収合併されているようだ)、次に DELL で、カスタムメイドモデルを購入した覚えがある。

そして 10 数年経っているが、今再び自作 PC を組み立てたいと思っている。いくつか理由があるが、大きな理由は下記。

用途

  • Microsoft Office を使用した事務作業・画像編集用として大型ディスプレイを備えた主力となるパソコンとして
  • AMD の Ryzen が登場し、 CPU が安価で選びやすい状況になった
  • 現在所持しているノートパソコンが多すぎるので端末を1台に統合したい

現在所有しているパソコンについて

現在、下記パソコンを所有している。ただどれもノートパソコン(モバイルサイズ・11~15インチ)のため拡張性に乏しく、ディスプレイサイズも比較的小さいためエクセルなどを使用した事務作業の効率が悪い。そのため、一般事務作業を行えるようなパソコンを購入したいと考えている。

Surface PRO

10 年近く前に購入したもの。 SSD を搭載しているし、かんたんな事務作業にはまだまだ現役として使えるが、刷新しても良い。

FUJITSU FMV LIFEBOOK AH30/K

もともと、妻が所有していた端末。

NEC VersaPro PC-VK18TG/G

資格試験の勉強という名目で購入。だがほとんど使用していない。

これら所有しているパソコンの処遇

希望するスペックのデスクトップパソコンが完成すれば、多数の端末を所持する必要性も薄くなる。そのため、必要なものを1台程度までに減らし、あとは売却など処分したいと考えている。

希望スペック・予算

どれも、記事投稿当時( 2019 年 8 月現在)の価格。

CPU

Intel

Amazon | INTEL インテル Core i5 9400F 6コア / 9MBキャッシュ / LGA1151 CPU BX80684I59400F 【BOX】【日本正規流通品】 | インテル | CPU 通販

AMD

Amazon | AMD CPU Ryzen 5 2600 with Wraith Stealth cooler YD2600BBAFBOX | AMD | パソコン・周辺機器 通販

メモリ

Amazon | TEAM DDR4 PC4-19200 DDR4 2400MHzシリーズ Ecoパッケージ (8GBx2枚(16GBkit)) | Team | メモリ 通販

SSD

Amazon | シリコンパワー SSD 256GB 3D NAND採用 SATA3 6Gb/s 2.5インチ 7mm PS4動作確認済 3年保証 A55シリーズ SP256GBSS3A55S25 | シリコンパワー | パソコン・周辺機器 通販

マザーボード

Intel

Amazon | ASRock Intel Z390 チップセット搭載 ATX マザーボード Z390 Pro4 | ASROCK | パソコン・周辺機器 通販

AMD

Amazon | ASRock AMD Ryzen AM4 対応 B450 チップセット搭載 ATX マザーボード B450 Steel Legend | ASROCK | パソコン・周辺機器 通販

スペックまとめ

上記商品とは若干構成が違うが、まとめ。

項目内容備考予算
CPUIntel Core i5 940020,000円
メモリ16GB8GB * 28,000円
主記憶媒体SSD 256GB8,000円
補助記憶媒体HDD 1TB10,000円
グラフィックカードGeForce 1080Tiなくても良い。15,000円
マザーボードASUS10,000円
電源玄人志向 500W5,000円
ケース4,000円
ディスプレイASUS 23inch12,000円
キーボード既存のものを流用0円
マウス既存のものを流用0円

夢は膨らむ一方。ただそれよりも収入がないと話がならないので、優先順位をつけてやることをやらなければ。

3種類のトイデジを試す

私は現在、 3 台のトイデジを所有しているので紹介したい。

手に入れた経緯は、私ではなく妻が興味を持ってフリマアプリで購入したものだ。なので購入時期や価格は現段階では不明だが、分かり次第追記する。

トイデジとは?

そもそも「トイデジ」とはなにか。 Weblio 辞書で調べたところ、下記のようにある。

トイデジとは、設計の簡易さや材料のチープさなどの要素によって玩具に近いと認識される大衆的なデジタルカメラの総称である。トイカメラのデジカメ版と言うことができる。

トイデジの多くは、安い部品で構成されており、小型で、安価である。また、ピンボケやブレが発生しやすく、露出などの細かい調整機能や補正機能などもも搭載されていない。これらの要素により、独特の安っぽい味わいの写真を撮影することができる。趣味用の写真撮影などに人気がある。

トイデジとは何? Weblio辞書

私なりの言葉でまとめると、制限された機能・性能が故に撮影された写真がチープであり、逆にそれが写真の味わいとなっているデジカメ、と言える。本来なら記録用に高精細の写真を残すべきだが、ビビッドな色合いであったり、ピンぼけやブレを逆に利用した味わい深い作品となることを気に入った愛好家も多い。

次からは、所有している 3 台のトイデジをそれぞれ紹介していきたい。

Vivitar ViviCam 5050

Vivitar ViviCam 5050 の外観。プラスチックなのだがしっかりした印象

Kenko DSC517

Kenko DSC517 の外観。 見た目以上にプラスチックの質感
  • 2GB までの SD カードしか読み込まない

AGFA 505-D

AGFA 505-D の外観。 この中では一番シックなイメージ
  • 電池の減りが早い。10分程度しか使っていないのに、およそ 20% 以上電池を消耗している

作品見本について

撮った写真の作例を掲載したいのだが、 Kenko DSC517 は 2GB のメモリーカードが用意できておらず、 Vivitar ViviCam 5050 は試し撮りしてみたものの掲載できるほどのクオリティを得られず断念。

どちらも私自身の腕の問題が大きいので、また撮影ができ次第、掲載したいと思う。

Adobe PDF DC で「小冊子」形式の文書を印刷する

Adobe PDF DC では、「小冊子」形式の文書を印刷できる。この設定で、用紙が節約でき、文書が1冊でまとまるため取り扱いが容易になる。

EPSON PX-105 の場合

画像は複数ページの PDF データを A4 サイズの小冊子形式データとしてプリントしている画面。

ページサイズ処理

  1. 「小冊子」ボタン押下
  2. 小冊子の印刷方法:「片面で印刷(表側)」※両面印刷できないため、一度印刷し、全部出力されたらそのまま用紙を裏返す。続いて「片面で印刷(裏側)」※印刷面の向きに注意する。

インク節約のための設定方法

下記にチェックをつけることで、インクが節約できる。

  • グレースケール(白黒)で印刷
  • インク/トナーを節約

Logicool キーボード K270 / マウス M185 を Unitify 機能を利用しレシーバーを一本化

キーボード K270 の使用再開

Surface で文字入力するとき、今まで純正オプションキーボードで入力していた。ただキーボードレイアウトの都合上文字入力がしづらく、またキーピッチが低いため打鍵感が得られにくい。そこで、以前購入していた Logicool K270 キーボード を再び出してきて使用を再開した。

このキータッチが個人的には好みだ。昔ながらのガチャガチャという音で、安価な製品であるため高級感は乏しく、打鍵感は今よくある薄型のキータッチとは大きく違う。ただ、それが逆に良いところであったり、テンキー付きのフルサイズキーボードでもあるので、文字入力は断然しやすいのではないかと思う。

Mac のキーボードや、 Surface のキーボードカバーは、なんだかタイピングをしようという気持ちが起きない。もちろん、持ち運びに便利なのは圧倒的に Surface のキーボードカバーだ。ただそれでも、 K270 のような昔ながらの深いキーピッチのキーボードのほうがいいと思う。昔から使っているあの手のタイプのキーボードのほうが入力に慣れているせいではないか、と思っている。

USB 接続のため少々手間はかかるが、それでも入力面においては段違いに早くなるな、と感じている。今のところ、無線によるバッティングなどで混線しているという感じもしない。やはりテンキー付きのフルサイズキーボードは偉大だ、と思い直している今日このごろである。

Unitify 機能による機器連携・ USB レシーバーの一本化について

Logicool 製品は Unitify という機能を使用することで、機器を最大 6 台までレシーバー 1 つで共有できる。この機能を用い、現在所持しているキーボード K270 とマウス M185 のレシーバーを一本化することで、 USB 端子を節約することができた。

Windows OS の場合

下記補助アプリケーションの利用で Unitify レシーバーを共有化できる。

SetPoint – Logicoolサポート

FMV LIFEBOOK AH30/K のメンテナンス

妻が所有しているノートパソコン、 FUJITSU の FMV LIFEBOOK AH30/K 。かねてより動作が重く常用が難しかったのだが、可能な限り費用を抑えて快適に動くようにした。

スペック

項目内容
CPU インテル® Celeron® プロセッサーB830 1.80GHz
メモリ 標準2GB(2GB×1)
HDD約320GB
ドライブ スーパーマルチドライブ(DVD±R DL(2層)書き込み対応)
バッテリー駆動時間 2.3時間
その他無線LAN , Bluetooth 搭載

下記公式サイトより一部引用(若干スペックは異なる)

今までに発表した主な製品(ノートブックPC LIFEBOOK(ライフブック) FMVA30KB1 製品情報) – FMVサポート : 富士通

良いところ

Bluetooth 搭載

Wi-fi 搭載

問題点

動作が重すぎて常用に耐えない

通常起動するのに10分以上、ソフトウェアを立ち上げるのに5分以上かかる。まともに操作するのにもマウスカーソルやテキスト入力欄などがもたつくため、普通に使用できない。

iPhone のバックアップが不便

特に問題になっていたのが、 iTunes の使用。動作が重すぎるため、ステージ 4/5 で止まってしまい、一晩かかっても完了していない、など。 iPhone も日常的に使用するので、バックアップを取るのが躊躇されていた。

ユーザフレンドリーでない OS 、 Windows 8.1

OS が UI のこなれていない Windows 8.1 だったので、通常使用するのにもストレスを感じていた。

対策

  • 不要なソフトウェア・プレインストールアプリなどのアンインストール
  • 不要なサービスの停止(Windows Update の常時起動を停止など)
  • Windows Defender 導入

Windows 10 無償アップグレードの適用

Windows 10 インストールメディア作成のため、 8GB 以上の USB メモリが必要。参照元サイトは、下記。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

公式の ISO データ作成先。

さらに、 Windows 10 のインストールの推奨メモリは最低 4GB のため、 後述するメモリの追加を行わないと、 常用は厳しいだろう。

バッテリー

「0%・充電されていません」と表示され、 AC アダプタに接続していないと電源が入らない。バッテリーの過充電によるものだと思われる。ネット記事を参考に「 AC アダプタを抜き、バッテリーを30分程度外して様子を見る」を実施したが変わらないので、バッテリーが物理的に寿命を迎えているものだと思われる。

対策としては、新品のバッテリーを購入し、交換するしかないだろう。費用は、およそ 3,000 円といったところ( 2019 年 7 月現在)。

メモリ増設と費用

標準 2GB では話にならないのでせめてあと 4GB 増設したい。が、この辺はどの程度使用するかとのバランスになると思う。ノートパソコン自体の買い替えを検討しているなら、不要となる。

費用は、DDR3 SDRAM PC3-12800 ( 4GB \3,000 / 8GB \5,000 ) ( 2019 年 7 月現在)。

結果

ほぼストレスなく使えるようになった。

Chrome など、ソフトウェアの立ち上げに10秒程度待たされることもあるが、今までのことを考えれば許容範囲内である。

まとめ

FMV LIFEBOOK AH30/K は、据え置き型ノートパソコンとしては通常通りの使い方であればまずまず使えるものだと思う。

しかし、 Windows 8 、 Windows 10 と多量のメモリを消費するようになっている( 8GB 以上を推奨)ため、デフォルトの 2GB ではそのほとんどを常時消費している状態。つまり、他のアプリケーションを起動させる余裕がない状態になってしまっている。

今回、不要サービス・ 常駐ソフトの停止、不要アプリ・ソフトウェアの削除などの対策を行ってなんとかオフィスソフト程度なら使えるような状態になった。だが、その対策を打たなければ、普通に使うのも厳しい。 大量のプレインストールソフト、バッテリー不具合などと相まって、常用が非常に厳しいものとなっている。

プレインストールソフトが少なければ、動作が重いといった問題も多少はなくなるはず。だが、あえてこうやって動作を重くすることで本体の買い替えや有償サポート、アプリ購入などを促しているのではないか…と勘ぐってしまう。もちろん企業とすれば利益を生み出さなければならないので悪いことではないのだが、利便性を増やさないとユーザ離れを引き起こすのではないかと思う。