2019年5月の実家帰省

2019年5月3日の夜から5日にかけて、実家に帰省した。夜は星空を眺め、昼は子供と自然の中で遊び過ごした。アイキャッチの写真は、実家近くから撮影したもの。実家から離れてみると、いつも見慣れていたこの風景も懐かしく思えるのが不思議だ。自分も歳をとったな、と思う。

4日の夜にはお世話になっている、以前の勤務先の先輩と夕食を食べ、仕事の相談やプライベートな話をして英気を養った。以前実家にお住まいだった時は自宅からの距離も近く、非常に親近感を覚えていた。また仕事もできるし人当たりも良いし、尊敬している人物の一人である。個人事業主として仕事もしておられる。(サイト:アイティーマーク | itmark)。

5日は午前中から姫路水族館に出かけ、昼過ぎまで楽しんだ。その後、ショッピングモールで娘のペンケースを買い、帰宅した。

なかなか実家で過ごす時間も短く、父や母に聞きたいことや話したいこともあるが、毎回バタバタしているので、ゆっくり時間をとって話したいなぁとも思う。が、そういう問題を解決するために、インターネットがあるし、電話やメッセージアプリがあるんだよな…とか思っている。

自動車社会から脱却できるのか

最近、高齢者の自動車事故のニュースをよく聞くため、自分の父や母にも自動車の運転を控えていってもらいたいと思っている。自動運転ならいいのか、といった質問はあるだろうが、そのへんはいったん置いといて。

実家は僻地で車が日常生活において必要不可欠な地域。電車はもちろんバスですら通っておらず、最寄り駅まで 10km 以上、バス乗り場も 3km 近く離れている。村に行くには山を越える必要があり、健康な大人でも時間がかかるのに、高齢の人になるともっと難しくなるだろう(亡くなった祖母は昔、山を3つくらい越えた先まで歩いて行っていたというが、もうそんな時代でもない)。

Uber や JapanTaxi などの乗り合いサービスやタクシーサービスのアプリももちろん提供外の地域。よくて神戸ぐらいまでしか対応していないのではないか。本来であればこういった問題を解決するために、上記サービスを導入すればいいと思うのだが、日本のシステム的に受け入れが難しいためサービス浸透するのが難航していると話を聞く。タクシー業界などからも反発があるらしい。

今現在も少子高齢化で問題になっている他府県の例もあるし、これからますますこういった地域は増えてくるのではないか。何か対策や問題解決に至る提案はあるのだろうか。

実家に帰ったときにこの話をしようと思っていたのだが、妻が「車がないと不便だ、と父母が少し怒りながら話していた」というのを聞いて、また今度の機会に…といったんこの件は保留となった。いずれ、時期を見て話をしなければならない。

私が過ごした少年時代について

誰にとっても幼少期の思い出というのはそれだけで郷愁を誘うものである。ここに私が過ごした少年時代について記す。

生誕〜幼少期

私が生まれたのは、兵庫県姫路市にあるとある田舎の村であった。当時、すでに交通の便は悪く、バスも通っておらず、近隣に出向くには自家用車が必須の過疎地であった。夏はカエルの合唱が聞こえ、春先や秋口には山から鹿の鳴き声が響く、そんな中での生活であった。

少年時代、世間ではバブル崩壊といったニュースが世間を騒がせていたが、良くも悪くもそんな話題は私が住んでいた村までは大きな影響もなく、比較的穏やかな時代をのびのびと過ごしていた。夏は近くの川や池で魚釣りやザリガニ釣り、水遊びなどに興じ、秋には近くの畑で穫れたさつまいもを焼いて食べ、冬は雪合戦やソリで遊ぶ、そんな時代であった。

ため池や川に誤って足を滑らせ落ちてしまい、びしょ濡れになりながら泣いて帰ったことも一度や二度ではなかった。虫刺されや切り傷、擦り傷もしょっちゅうで、蛇やトカゲに指先を噛まれることもよくあった。虫取りや亀を獲ったり飼ったりするのもよくあり、特に幼い頃は虫や動物をきちんと育てられず、何度も殺してしまう。これは生物の生命力や生きることについて考えさせられる、良いきっかけになったと思っている。今では可能な限り、害虫などの例を除いて生物をむやみに殺生することは避け、人家に出たとしてもできるだけ生かしたまま逃がすようにしている。

さて、田舎は都会に比べて静かだ、という意見もあるが、決してそうとも言い切れない。なぜなら先も言ったように、夏の昼間はセミが鳴き、初夏にはカエルが田んぼで大合唱するのだ。そのため夜であっても静かなわけではなく、時期によっては発情した野良猫や野生の鹿、ドバトといった生物の鳴き声が騒がしい環境であった。

そんな私が住んでいた村の特産品は大きく二つあり、一つ目が手延素麺、二つ目が菊花であった。我が家も例に漏れず、そうめん工場へパートに行き、兼業農家として菊花の生産・出荷に汗を流すのであった。

そうめんは「揖保乃糸」という銘柄で、菊花は「伊勢の菊」として近隣のみならず遠方の他府県まで名が知られる、品質の高いものであった。ただ、菊農家は最盛期で約30軒近くの家が組合に名を連ねていたものの、現在残っているのはわずか数軒である。我が家もその中の一つであるが、やはり少子高齢化の波には勝てず、規模を縮小し、廃業してしまうのも時間の問題であると言っていた。私はぜひこの菊花という素晴らしい銘品を残してもらいたいと思っているが、なかなかうまくいかないのが現状である。

中学生時代

中学校に上がると周囲の友人も増え、交友関係が広がる。ちなみに小学校は全校生徒が百名にも満たない、小規模な学校であった。分校扱いでなかったのが不思議なくらいである。中学校に入ったが田舎らしい閉塞感のある荒廃した学校生活であった。私自身は道を踏み外さずにいたが、周囲ではタバコを吸うものもあり、授業は学級崩壊といって差し支えない状況の時もあった。私自身もあまり真面目な生徒とは言えず、表立って反抗することはないものの、教師の話を聞かず、授業に遅れるようになった。

そんな私の救いが、中学校入学からしばらくして親にねだって買ってもらったパソコンであった。機種はFMVのスリムタイプで、ここから私のパソコン生活・ネット生活が始まることになる。当時歩いて数十メートル程度の距離に住んでいる友人がおり、彼もパソコンに詳しかったのでよくネットを介して遊んでいた。そして、彼から教えてもらったのか、私が知ったのかどちらが先か覚えていないが、MMORPG「リネージュ」を始める。これが私の中学生活、ひいては今後の人生に大きく影響を与えることになるのだが、当時はそんなことを知る由もなく、学校から帰宅後ただひたすらネットゲームで遊ぶ毎日であった。

これもあり、私は勉強もまともにしなくなり、先の授業から大きく遅れ学力が下がる要因の一つになってしまう。もともと勉強が好きではなかった上、この影響でさらに勉強しなくなった私は、高校受験の時期を迎えても相変わらずネットゲームの毎日で、かろうじて公立高校に受かることができ、ほっと胸をなでおろすのであった。高校ではさらにゲームの影響が顕著になるのだが、それは追って記すことにする。かくして私の中学校生活はこうしてネット一色の日々となっていったのである。

「中島里奈展 -りんかく2」に行ってきました。

Quiet Holidayで開かれていた、中島里奈さんの個展に行ってきました。

アクリル画とウォーターレスリトグラフという版画の技法を用いた作品達が並んでいます。


1990年生まれ 姫路市在住

姫路工業高校デザイン科を卒業後、大阪芸術短期大学部 デザイン美術学科で版画を専攻

2014年 姫路のfeel breeze galleryにて初の個展「りんかく」を開催

2015年 神戸のgallery vie絵活塾 にてウォーラーレスリトグラフを学び、現在ウォーターレスリトグラフ技法を用いた作品を中心に制作を行っています。

どこかで見たことがあるような 見た人それぞれの心のなかにある記憶 景色とかさねて見ていただけるような作品を制作していきたいです。

(プロフィールより引用)

どの作品もかわいらしくて癒される雰囲気です。土曜でおやすみということもあり、なかなか盛況だったようです。

img_2273 img_2280    img_2276  img_2281

私も思わず「まるいカード」を2枚購入しました。コースターとしても使えそうですね。

img_2282

詳細情報

2016年11月23日(水)〜27日(日)
『中島里奈展 -りんかく2-』
時間:13時〜21時
場所:ブックカフェギャラリーQuiet Holiday
兵庫県姫路市本町68
http://quietholiday.net/

ワーク・ショップデイ @ Quiet Holiday

今日はいろいろと姫路を回ってきてました。

まず、本日で閉店となった姫路フォーラスのスターバックスでボトルを購入。こちらはオンラインショップでボトルを見ていて、このシンプルなデザインが気になっていたので買えてよかったです。姫路フォーラスは以前からタワーレコードとか雑貨屋さんとかにちょくちょく行っていたので、なくなってしまうのは寂しいですね…。あとサンクスカード(コーヒー 1 杯無料チケット)には姫路フォーラスのショップスタンプが押してあるのですが、これって結構レアになるんじゃないかな。

その後、 Lamp さんでハンバーガーコンビセットをいただきました。ハンバーガーのボリュームもあって美味しかったです ! 通常、コンビセットはポテト・サラダ・ドリンクが付くのですが、行った時間が 15 時くらいでポテトが売り切れでした…。次回はランチタイムに行きたいと思います。

そして本日のメインイベント、 Quiet Holiday さんで Sails Talk の大塚くんが主催の、ブックカバーを作るワープショップに参加しました。同時開催でまをさんの似顔絵もやっていました。

ちょうどブックカバーが欲しいと思っていたところで、可愛いのができて嬉しいです!自分で手作りしたというのも愛着が湧きます。写真では青っぽく見えるのですが、実際はマットな質感の落ち着いた色味のブラウン(イタリアンレザー!)で、手触りもなめらかで素敵です。

12669627_1210002525694225_5162707714866802860_n

そしてこのワークショップが終わったあと帰るつもりだったんですが、近くのカレー屋さん、 spice スエヒロさんで打ち上げ ? するとのことで、そちらまでご一緒させてもらいました ! 本場のカレーということでめちゃくちゃ辛いのを想像してたのですがそうではなく、あっさりとしていて辛いのが苦手な私でもすごく食べやすくて美味しかったです ! 2F もちらっと見せてもらったのですがいい雰囲気でした。そして神戸のカレーツアーもぜひやりたいですね !

12669456_1210002539027557_9005919070852285208_n

今日は一日すごく充実してました ! 長谷川さん、大塚くん、みなさんありがとうございました !

姫路で見つけた、趣きある古本屋。Quiet Holiday

姫路城から南に歩いて約3分ほど、大きい通りから少し入った路地裏にも似た雰囲気の道沿いにある、小さな古本屋さんです。「小さな…」と書きましたが、良い意味でのこぢんまりした広さがいいですよ。

1Fは主に古書の販売、作家さんの販売スペースとして使われており、2Fはカフェ兼ギャラリースペースとして、ほぼ毎週、さまざまなイベントやライブ・ワークショップなどが開催されています。

古書は店主である長谷川さんの選書や持ち込みにもよりますが、地元の歴史本やデザイン・音楽・写真集・小説などが並んでいます。また、一部ZINEの展示や取り扱いもあります。

そこで気になるバンドのライヴがあるのを知り伺ったのが、私がQuiet Holidayへ最初に訪れたきっかけでした。

人見知りしがちな私ですが、店主さんとはなぜか気軽に話せて…。

「またお話だけしに遊びに来てもいいですか」なんていうお願い?にも、ぜひどうぞ、と気さくに応じてくれました。ただそのときは、こんなにお付き合いが長くなるとは私自身予想もしていませんでしたが…。

毎日、仕事をして、見えない何かに追い立てられたような気分で。

何か大事なことを、忘れてしまったんじゃないだろうか。

そんなとき、ふとしたきっかけで出逢ったのがこの古本屋さんでした。

創作のエネルギーにあふれたこの場所で、今まで忘れていた…

いや、できるだけ思い出さないようにしていただけかもしれない。

アートやデザインが好きで、自分でも何かを創ってみたい。

そんな記憶が呼び起こされるのを感じました。

あぁ、そういえば。

本屋さんってこんなに居心地が良かったんだなぁ。

そんな気持ちを思い起こさせてくれる、素敵な場所です。

1Fの本に囲まれた空間もいいのですが、2Fはまた違った趣があり、ソファに座ってのんびりしていると穏やかな時間がゆっくり流れていくような感じがします。

あらためて気づいたのは、

お店というのは、お店の人や場所によって作られていくもの。

ということ。

量販店にはないその店ならではのものや、お店に出入りする人たちの人となり。

自然とにじみ出てくるものが、そのお店を育てていくんでしょうね。

本を買いたいというだけではなく、音楽だったり、ハンドクラフトだったり…興味があるようでしたら、足を運んでみてはいかがでしょうか。

古本の販売・買取だけでなく、ギャラリースペースの貸し出しやレンタルも行っておられますので、自分の作品を展示されたいときにもおすすめです。


毎週いろいろなイベントが開催されています。詳しい情報は、公式ウェブサイトでご確認ください。

店名 Quiet Holiday
業種 音楽イベントやアート展示の開催、古本の買い取り
住所 兵庫県姫路市本町68
アクセス JR・山陽姫路駅より姫路城方面に向かって徒歩10分
営業日時 水〜日曜日・祝日 13時~21時
店休日 月・火曜日
URL http://quietholiday.net/

イベントリポート @ ひめじクラフト・アートフェア

皆さん、こんにちは。

5/10(日)、姫路シロトピア記念公園で開催されたひめじクラフト・アートフェアに行ってきました。

知り合いの方から”私が好きそうなイベントなので、ぜひ行ってみてください”と紹介いただいて、はじめてこのイベントを知りました。その方は私とすごく波長が合うというか、一緒にいて気兼ねなく話ができる方なので勧められているのなら間違いない、ぜひ行ってみようと、今回行ってきました。

まず駐車場から約10分ほど歩いて喉が乾いたので、会場入り口のところでアイスコーヒー?を買いました。(アイスコーヒーじゃなくてお店の方いわく”後味が赤ワインっぽい”飲み物だったんですが、名前を忘れてしまいました…)

1人で気兼ねもしなくていいので、何周もぐるぐる回ってました。基本的に食べたり飲んだりするより、見ているほうが好きなので、ずっとお店を覗いていました。

木工製品や金属・器などもあったのですが、やはり気になったのは、イラストや革製品でした。

革製品(キーケース)で気になったのがあり欲しかったのですが、何周か回っている間に売り切れてしまっていました。
そして最終的に購入したのはポストカード3枚、別の方のイラスト色紙1枚だったのですが、そのポストカードを購入させていただいたイラストレーターさんのお話しを聞けたことが、この日一番の収穫でした。

というのも、その方も29歳で会社を辞め独立、イラストレーターを生業としようと決められたそうです。描いておられるイラストの雰囲気や内容も、十二支や星座をモチーフとしたり、イラスト1つ1つに意味が込められていて素直に「素晴らしい」と感じました。

その方から「やりたいことをやったほうがいい。遅いなんてことはない」といったアドバイスをいただけ、私ももう一度自分のやりたいことがなんだったのか、自分が何をしているときが楽しかったのかを思い出して、やりたいことに挑戦します。

とにかく、会場全体からすごい創作のパワーをもらえました。このイベントを紹介していただき、本当に感謝しています。ありがとうございました!

しかし、「ひめじクラフト・アートフェア」は残念ながら今年で最後の開催となったようです…。

が、皆さんに朗報です。来年以降は名前を変えてイベントが開催されるようですよ!詳細はまた追って告知があるはずですし、私も情報が分かりましたら、ブログで告知しますね。

ではでは、またお目にかかりましょう。