私がやってみたかったこと

ネット上を見ていて、気になった記事。古本屋、という点に特に共感があったのだろう。また、サスティナブルな社会の構築、使い捨て・消費社会への不信、などという点に、自分の考え方との共通点があると思う。

ビジネスに”気品”を宿す。1冊の本だけを売る「森岡書店」の経営哲学 | UNLEASH

古本屋はやってみたい事業の一つで、姫路に住んでいた頃は近くのブックカフェ Quiet Holiday がお気に入りの場所だった。昔から本を読むことは好きだったし、そのお店の雰囲気も気に入っていた。いずれ店を出すならこんな店で…と漠然と考えていた。

ただ、その店の店主さんから運営の実態を聞いたり、身近でその働き方を見て、「自分にはやれそうもないな」と思っていたことも事実だった。私が好きなのは、昔ながらの喫茶店とか、大正・昭和レトロな雰囲気の中で自分の理想通りの店づくりができることである。利益を確保できるか、来店者が訪れるか、といったビジネス上のメリットは考慮していない。

その人に「ライターになりたい」ということをぽろっと漏らしたこともあった。ライターといったものの、当時は会社を辞めてフリーランス的に活動したかっただけである。そんな私の想い、本気ではないことが伝わっていたのだろう。ライターとして活動していた知人の例を出して「彼のようにできるか? そんなに簡単にいかない」と厳しい言葉で一蹴された。

知り合いにはスキルレベルの高さからシステムを受託しフリーランスのように働く人、自分で運転代行会社を経営した人などもいたが、強烈な自己推進力の持ち主で(会社を経営しなければならない、という理由が大きかったのかもしれないが)、稼ぐことに対する意欲の高さというのをまざまざと見せられることもあった。そこに自分が持ち合わせていない魅力のようなものを感じ、仕事に対する姿勢として憧れを持っていた。

ただ、それでも夢のひとつに「自分の店を持つ」というのは捨てられない。捨てられないのだが、やはり経営は難しいのだろう。自分の店を持つ、と言うだけなら簡単だが、ウェブ上でもそのような経営困難に陥った企業の話はごまんと転がっている。

このままではいけないと、いわゆる第2領域(緊急度は高くないが重要度が高い項目)への時間を増やしていきたいと考えている。が、考えているだけでこちらもなかなか動けない。

私が将来やってみたいことは? なりたい姿は? それを思うが、今までは一人で気楽にやれていたことも家族の協力がなければできないことも増えてきた。自分一人が苦労するだけならいいが、周囲に迷惑をかけることはできるだけ避けたい。今度はこんな悩みを持つようになった。

いずれかの目標ではあるが、今はそれに備えて種を植え、芽を出すのを待つ時期ではないか。そんなことも考えている。

全体的に非常に抽象的で具体性に欠けるが、自分の今の考えである。

【書評】新装版 日本字フリースタイル・コンプリート: たのしい描き文字 2100

この本を手にとった理由

もともとタイポグラフィに興味があった。また、学生時代に手書き文字の描き方を習った為、それについて詳しく知りたいと思った。

あらすじ

タイポグラフィ作品が 2,100 点もの膨大な量が収録されている。

引用

感想

タイポグラフィについて、実例を踏まえて当時の作品が収録されている本著は当時の状況を知ることのできる貴重な資料だ。その作品が多数見れる本著は、タイポグラフィについて知りたい私やグラフィックデザイナー、あるいはデザイナーを志す学生や若い世代にとっても有益な情報になり得る。

まとめ

こういう人におすすめ

タイポグラフィに興味のある学生、グラフィックデザイナー。

次に読みたい本

—–

スイスデザイン展@西宮市大谷記念美術館

1100 さくら夙川駅着。パン屋?マーケット行ったが地元のママさんらしき人たちで混んでいたため場所変更。夙川沿いの桜を見ながら駅まで戻りラーメン「金田屋」へ。とんこつ系でおいしかった。有名人が結構来たことがあるらしい。

その後、ぶらぶら歩きながら、1230頃到着。

なぜ行ったか

スイスのデザインがどのように発展してきたのかを知りたくて。事前情報はあまり仕入れておらず、”スイスデザインとは?”という基礎から学びたい、という思いもあった。

閲覧メモ

※当日のメモから抜粋しているので誤字・脱字等あるかもしれません。

  • A.D.20前~中期、ストイックで厳格なデザインの「スイス派」運動が起こる。
  • 1949、マッカーサーの発言「日本は東洋のスイスたれ」
  • フェルディナンド・ホドラー
  • スイス・ジュラ州 1200m.u/m. ポスター
  • SWATCH
  • ファブリック「サクラFR」「ガーデンフレンド」ハンナ・ベルク
  • ビジネスに供する…スイス連邦鉄道/ハンス・トーニ
  • オフィサーナイフ
  • BALLYの芸術広告シリーズ
  • ネフスピールモニュメント「マッターホルン」…本展オリジナル作品
  • SIGGアルミ製ボトル
  • 同人誌「ノイエ・グラフィーク(Neue Grafik)」
  • 国際グラフィック展ポスター/ベルマン・アイデンベルツ
  • グリッドシステムイングラフィックデザイン/ヨゼフ・ミューラー・ブロックマン
  • タイポグラフィデザイン便覧/エミール・ルーダー
  • マックス・ビル…ウルム造形大学
  • 色彩展ポスター/ル・コルビュジエ
  • レマン湖畔の小さな家/ル・コルビュジエ
  • タイプライター「エルメス」1949製
  • サルプラ「壁紙カタログ」
  • 雑誌「エスプリ・ヌーヴォー」

設備自体に対する印象

もう少し広いかと思っていたけどそうでもないなぁ、という印象だった。

だけど、中庭の雰囲気はのんびりしていたし、全体を回るのにそんなに時間や体力も使わなさそうなのでよさそう。

また、私が行った日は「自分のデザインでオリジナルSIGGボトルを作る」というワークショップが開催されていたので、時間が合えばやってみても楽しそうだったな。

(余談)作品を見ながらメモを取ることに対して

館内で作品を見ながらメモを取っていたんだけど、その際ボールペンを使っていたら学芸員の方から鉛筆を使うように注意されて貸していただいた。

理由は作品に傷をつける可能性があるので、とのこと。細かいけど、シャープペンでもいいかな。次回以降は鉛筆かシャープペンを準備していこう。

ちなみに使っていたのはフリクションボールペン(いわゆる”消せる”ボールペン)だったのだけれど、問題となっているのは「ボールペンを使っている」ことに対してだと思ったので、そこは問題視しなかった。

rooms @ 芦屋市立美術博物館 – 【イベント】美術館めぐり

芦屋市立美術博物館で行われていた「 rooms 」に行ってきました。

12043049_1231012756926535_8548685880910976359_n 12512470_1231012863593191_3528057937066603655_n 12512442_1231012870259857_3656019860706865457_n  12821578_1231012696926541_6427216075817641061_n 12804605_1231012940259850_3352315717262933816_n

haruka nakamura (と、西森千明・ Polar M のトリオ)のライブは、その世界観に圧倒されて飲み込まれてしまうような素晴らしいものでした。

他の方のライブやサウンドインスタレーションも、想像がつかなかったのですが実際に聞いてみるとどれも素晴らしかったです。

彼のライブを聴いているとき、体の震えと鳥肌が止まらなかったのは、決して寒さのせいだけではなかったはずです。

これはあなたの人生です。 – 私の物語

THIS IS YOUR LIFE.

DO WHAT YOU LOVE, AND DO IT OFTEN.

IF YOU DON’T LIKE SOMETHING, CHANGE IT.

IF YOU DON’T LIKE YOUR JOB, QUIT.

IF YOU DON’T HAVE ENOUGH TIME, STOP WATCHING TV.

IF YOU ARE LOOKING FOR THE LOVE OF YOUR LIFE, STOP;

THEY WILL BE WAITING FOR YOU WHEN YOU START DOING THINGS YOU LOVE.

STOP OVER ANALYZING, LIFE IS SIMPLE.

ALL EMOTIONS ARE BEAUTIFUL.

WHEN YOU EAT, APPRECIATE EVERY LAST BITE.

OPEN YOUR MIND, ARMS, AND HEART TO NEW THINGS AND PEOPLE,

WE ARE UNITED IN OUR DIFFERENCES.

ASK THE NEXT PERSON YOU SEE WHAT THEIR PASSION IS,

AND SHARE YOUR INSPIRING DREAM WITH THEM.

TRAVEL OFTEN: GETTING LOST WILL HELP YOU FIND YOURSELF.

SOME OPPORTUNITIES ONLY COME ONCE, SEIZE THEM.

LIFE IS ABOUT THE PEOPLE YOU MEET,

AND THE THINGS YOU CREATE WITH THEM

SO GO OUT AND START CREATING.

LIFE IS SHORT.

LIVE YOUR DREAM, AND WEAR YOUR PASSION.

THIS IS YOUR LIFE. (原文 : 英語)

THIS IS YOUR LIFE. これはあなたの人生です。(邦訳ページ)

挫折、かつての私

生きていく中でいろいろなことがあります。

喜び、悲しみ、怒り、憎しみ。

周りから見れば、とあるありふれた人間の、とあるありふれた一生の物語かもしれません。ですが、当人にとっては「ありふれた」では済まない、その人だけの物語です。

冒頭に引用させていただいた詩は、私に非常に大きな力を与えてくれました。

自分の人生は、誰が決めてくれるのでもない、自分が決めるのだ。すべて自己責任なのだ。

少し昔の話をしようと思う

いわゆる「片付けられない」性格でした。幼いころから、周りに流されやすい、自分の意見が言えない性格であったなぁとも思います。そのせいで、失敗した経験も数多くありました。それから、昔は「楽天的な性格」だと思っていたのですが、たぶんそうやって深く考えないようにしないと自分の精神の安定を図れなかったのかなぁと、今になって思います。

服は買ってきてもそのままクローゼットにかけっぱなし、処分しないから増え続け、片付ける場所がないので収納クローゼットを新たに購入、それでも溢れかえる服。

食品や生活雑貨も、古いものを適切に処分しないため増え続け、片付ける場所がなくなってようやく少し処分。それでも、新しいモノを買うスピードには当然追いつかず、その場にとりあえず置いておく。

私だけの問題ではなかったのですが、それを管理できていなかった自分に責任があります。いえ、正確に言うなら 「管理したくても管理しなかった、責任感のない自分」 が一番の問題だったと言えるでしょう。

憧れる生き方 – 私が本当にしたいのは

  • シンプルライフ
  • ミニマリスト(ミニマリズム)
  • ダウンシフター

とにかく、自分で管理しきれない、両手に有り余ってしまうほどのモノを持ちたくなかった。もっと自分の身の回りをシンプルに、軽くしていきたかった。

そんななか出合った上記の生き方。私はこういった生き方ができるよう、日々実践していきたいと考えています。

シンプルライフ

個人的にはモダン・アーバンといったイメージよりも、今流行りの「北欧風」とか、ナチュラル風のインテリアが好きだという感覚が自分の中ではうすうすありました。今自分の日記を見返してみると、5年くらい前から北欧風インテリアには興味を持っていたようです。

ミニマリスト(ミニマリズム)

さまざまなブログを見ていく中で(おそらく2015年3月ごろだったと思います)この言葉と出合いました。当時自分にいろいろと要因があり、精神的・肉体的に限界を迎えつつあったところ、この考え方と出合い救われた部分も大きかったのです。

「ミニマリストとは?」という定義づけで揺れた時期もあったようですが、おおまかには「最小主義」といったものです。

ただ、その中でも原理主義にまで陥ることなく、上記シンプルライフと絡めて日々を美しくシンプルにすごしていくことが私の理想です。ファッションやおしゃれは好きですし、ある程度の見た目は重要だと思っています。言ってしまえば、生きていく中での私のポリシーは 「いかに美しく在るか」 ということです。そのためなら、自分の中で美しいと感じられない、老いていく今後の人生(60歳以降)はあまり意味のないものだとも思っています。

ダウンシフター

この言葉は最近(2015年11月)知りました。

こちらは生活の質を落とす…というと聞こえが悪いですが、「より働いて、より稼いで、贅沢な暮らしをする」といったライフスタイルから降りる( = ダウンシフト)することで、毎日の消費を抑えて暮らすという生き方になります。

考え方は少し昔に流行った「スローライフ」と似ているのかもしれません。

なぜ「稼ぐ」のか? – 自分の中で出せなかった答え

かつて働いていた会社で「稼ぐ」ということについて教えられました。

もちろん男として、社会的な役割として「稼ぐ」ということは重要です。お金がなければモノは買えませんし、生活費も必要ですから生きていけません。ですが、私にはどうしてもその考え方をすべて理解することができず、うまくその気持ちも消化できないでいました。

無論、稼がなくても生きていけるとか、楽して暮らすというような甘い考えを言うつもりではありません。ただ、いわゆる拝金主義とまではいかなくても 「今よりもっと」を求めることが本当に必要なのか? それが私にとって「幸せ」だと言えるのだろうか? という考えがあったのです。 私はその競争社会に乗れないのではないだろうか? 私が重要に考えているところは本当にそこなのだろうか? さまざまな疑問や問題点が浮き彫りになっていくのを感じていました。

この考えも、今現在仕事ができてある程度の収入があり、とりあえず食べるものと住むところには困っていない、不自由を感じていないからかもしれません。過去に仕事を辞めて働いていない時期がありました。今考えれば、そういったことも経験できたのは良かったのではないか、その経験があるからこそ今の私がある。それは疑いもない真実です。

叶うならば、 私と同じように迷っている人、悩んでいる人が例え一歩でも踏み出すための力となりたい。 それが私の夢であり、願いです。

影響を受けた人物

ブロガー

  • 坂爪 氏
  • malzack 氏
  • しましま 氏
  • ハービー 氏
  • Jmatsuzaki 氏

著名人・作家・デザイナー

  • オードリー・ヘプバーン<発言の引用>
  • <ポストカードの作者>