2019年5月の実家帰省

2019年5月3日の夜から5日にかけて、実家に帰省した。夜は星空を眺め、昼は子供と自然の中で遊び過ごした。アイキャッチの写真は、実家近くから撮影したもの。実家から離れてみると、いつも見慣れていたこの風景も懐かしく思えるのが不思議だ。自分も歳をとったな、と思う。

4日の夜にはお世話になっている、以前の勤務先の先輩と夕食を食べ、仕事の相談やプライベートな話をして英気を養った。以前実家にお住まいだった時は自宅からの距離も近く、非常に親近感を覚えていた。また仕事もできるし人当たりも良いし、尊敬している人物の一人である。個人事業主として仕事もしておられる。(サイト:アイティーマーク | itmark)。

5日は午前中から姫路水族館に出かけ、昼過ぎまで楽しんだ。その後、ショッピングモールで娘のペンケースを買い、帰宅した。

なかなか実家で過ごす時間も短く、父や母に聞きたいことや話したいこともあるが、毎回バタバタしているので、ゆっくり時間をとって話したいなぁとも思う。が、そういう問題を解決するために、インターネットがあるし、電話やメッセージアプリがあるんだよな…とか思っている。

自動車社会から脱却できるのか

最近、高齢者の自動車事故のニュースをよく聞くため、自分の父や母にも自動車の運転を控えていってもらいたいと思っている。自動運転ならいいのか、といった質問はあるだろうが、そのへんはいったん置いといて。

実家は僻地で車が日常生活において必要不可欠な地域。電車はもちろんバスですら通っておらず、最寄り駅まで 10km 以上、バス乗り場も 3km 近く離れている。村に行くには山を越える必要があり、健康な大人でも時間がかかるのに、高齢の人になるともっと難しくなるだろう(亡くなった祖母は昔、山を3つくらい越えた先まで歩いて行っていたというが、もうそんな時代でもない)。

Uber や JapanTaxi などの乗り合いサービスやタクシーサービスのアプリももちろん提供外の地域。よくて神戸ぐらいまでしか対応していないのではないか。本来であればこういった問題を解決するために、上記サービスを導入すればいいと思うのだが、日本のシステム的に受け入れが難しいためサービス浸透するのが難航していると話を聞く。タクシー業界などからも反発があるらしい。

今現在も少子高齢化で問題になっている他府県の例もあるし、これからますますこういった地域は増えてくるのではないか。何か対策や問題解決に至る提案はあるのだろうか。

実家に帰ったときにこの話をしようと思っていたのだが、妻が「車がないと不便だ、と父母が少し怒りながら話していた」というのを聞いて、また今度の機会に…といったんこの件は保留となった。いずれ、時期を見て話をしなければならない。

家族で初めての実家帰省

2018年12月31日〜2019年1月3日まで、実家に帰省していた。

最初の予定では、妻・娘にとっては初めての義実家への帰省になるし、その点を考慮して短期間の2019年1月1日〜2019年1月2日にするつもりだった。というのも、長期間になると精神的負担が大きいかもしれないというのが1点、また田舎で特に寒く、周りに遊ぶようなところも少ないためすぐに飽きるのではないかという2点を懸念していたからだ。

しかし実際は、31日の昼間に先に私と娘の二人で帰り、その後妻は仕事の関係で31日の退勤後、夜に帰省することになった。また、妻の仕事が年明け3日からあったため、妻は2日に先に京都の自宅に帰り、私たちは3日の夕方ごろ、妻の仕事が終わったタイミングで帰ることにした。

結果から言うと、妻と娘の負担が大きいかもしれないという心配は杞憂に終わった。二人とも、私たち家族や親戚と仲良くなり、気を遣わずに過ごせたようだった。子供は子供で自由にしていたし(少々自由すぎて叱ることもあったけど)、妻も持ち前のすぐ打ち解けられる性格を発揮し、気兼ねなく接していた様子だった。

31日に初めて妻が自宅から夜空を見た際、特に綺麗に見えたそうでひどく感動していた。自分では天体、星が綺麗に見えることは当然のことで特に感動もなかったけれど、妻にとってはそれが素晴らしいものに見えたそうだ。やはり、自分と他人の感動するポイントは違うのだな、と感じた。

元日は実家にいても特にすることもなかったので、姫路城を車から見たり、ショッピングモールで夕食に出すお酒を購入したりするために外出した。夕食はすき焼きになったので、父の妹夫婦も来て挨拶をし、食卓を囲んだ。

2日は親戚の家に集まり、親族紹介を兼ねて昼食のすき焼きを食べた。

とにかく喜んでもらえてよかった。ただ、子供にとっては遊ぶものがなかったり、同年代の友達がいなかったりしていたので、暇を持て余していそうだ。もっと遊び道具を用意したり、いろいろなところに連れて行っても良かったかもしれない。実家でドンジャラを見つけたため、私や兄弟も混じって楽しく遊んでいた。

また、このような時はあまり子供のことを叱りたくないな、と思ってしまう。子供にとって旅行とか田舎の家に泊まるとか、ちょっとしたイベントである。テンションが上がってしまう気持ちもわかる。そんなときに水を差すように怒られてばかりいては、つまらないものになってしまうだろう。この点、同年代の子供がいれば、それぞれで遊べるので楽しめるのではないかと思う。私も幼い頃は親戚の家で、いとこの子たちとゲームしたり遊んだりするのが楽しかったのをよく覚えている。

今回電車で帰省した。というのも、帰省したり自宅に帰ったりするタイミングがそれぞれ違うため、車で乗り合わせてくることが不可能だからだ。次回以降は自家用車で帰省しても良いかと思ったが、おそらく今年の4月で処分するため、次回以降も電車で帰省することになるだろう。

次回は GW かお盆かわからないが、今度帰省した際にはもっと遊びに行ったり天体観測をして充実した時間を過ごせられれば良いなと思う。カメラやビデオで撮影したりするのも良いかもしれない。そして来年は初詣などにも行けたら行ってみたい。妻は生まれてから初詣に行ったことがないらしい。どうせ実家でごろごろしているのも暇だし、どこか連れて行ってやりたい。

こうやっているとおぼろげながら我が家の一員になっているのだな、と思う。あまり自覚はなかったけれど、共に過ごす家族なのだ。これからもこうやって仲良く過ごせて行けたら良いと思う。

2019年のご挨拶

遅れましたが、本年もよろしくお願いいたします。

今年の年始は姫路の実家に帰省して過ごしていました。昨年から生活環境が大きく変わり、慣れない生活を送っていますが周りの協力もあり楽しく幸せに過ごしています。

今年の目標は実績を数値として表せるようにし、自分と周りの自由を得るために、まず足場を固め、少しずつではあっても前進できるよう、努力して参ります。

これからも引き続き家族一同、ブログもあわせてご愛顧いただけますと幸いです。

ハムスターを飼う

ハムスターを飼い始めた。

事の始まり

子供のクリスマスプレゼントとして渡した。もともと子供はニンテンドースイッチを欲しがっていた。ただ、懸念点がいくつかあった。

  • 高額ではないか
  • なぜ欲しいのか

なぜ欲しいのかよく聞くと、「友達が持っていてうらやましいから」ということであった。そういった理由で、3万円以上もするゲーム機は、小学2年生の彼女のプレゼントにするにはあまりにも高すぎる。

それに、もともとゲームで積極的に遊ばない子である。というのは、子供が遊ぶだろう、と思って購入した任天堂 Wii があるが、ほとんど使っていない。1ヶ月に1度、遊ぶか遊ばないか程度である。もっぱら、人形遊びだったり、ごっこ遊びだったり、 Youtube やテレビ番組を見て遊んでいる。

サンタに渡すのだ、と言って書いていた手紙には「それかワンピース」と添えられていた。これならまだ女の子らしい、かわいらしいプレゼントだと言える。が、実際にはそのどちらとも違う、ペットにした。

子供の希望と違うものを渡すのに、全く心を痛めることはなかったと言えば嘘になる。しかし、私自身プレゼントなどは自分の希望通りのものがもらえるとは期待せずに育ってきたので、別にいいだろうと考えていた。それに、ゲームよりペットのほうが喜ぶだろう、と私たち夫婦2人の意見も合ったのが、理由の一つである。

ハムスターにしたもう1つの理由…こちらが大きいのだが、それは妻が「ハムスターを飼いたい」と言い始めたためである。クリスマスの5日前くらい、突然「キンクマハムスターを飼いたい」と言い出した。それまでにもペットを飼いたいとは言ってはいたものの、あまり真剣に取り合わずにいた。しかし、このタイミングでそういった要望が出たことによって、具体的に動くことになった。

それからの動きは早かった。妻は早速ジモティーを利用して、ハムスターを譲ってくれるところを探していた。幸い近くに譲渡してくださる方がおられるようで、隣町に住んでいる人からメスのジャンガリアンハムスターを譲っていただいた。それについての経緯はまた追って記述する。

妻の実家では犬を2匹飼っている。私自身も実家で犬を飼っていたこともあったので、ペットを飼うことに反対はなかった。それに、妻と娘が希望するところも大きかった。

生き物を飼うことについて

生きることは死ぬことである。特にペット…小動物は、犬や猫と比べてさらに寿命が短い。飼い始めた時から、もう死ぬときのことを考えている。「この小さな生命は、あと2年程度で死んでしまうのだ。今はただ死を見るためにこうやって飼っているのだ」と。

だから、これからの約2年間は私も大切に育てようと思う。私は生き物を飼うことは嫌いではない。小さい頃は魚や爬虫類を飼っていたし、ハムスターも一度飼ってみたいと思っていたのだ。

結論

ハムスターはかわいい。家族全員、かなり可愛がると思う。

私がやってみたかったこと

ネット上を見ていて、気になった記事。古本屋、という点に特に共感があったのだろう。また、サスティナブルな社会の構築、使い捨て・消費社会への不信、などという点に、自分の考え方との共通点があると思う。

ビジネスに”気品”を宿す。1冊の本だけを売る「森岡書店」の経営哲学 | UNLEASH

古本屋はやってみたい事業の一つで、姫路に住んでいた頃は近くのブックカフェ Quiet Holiday がお気に入りの場所だった。昔から本を読むことは好きだったし、そのお店の雰囲気も気に入っていた。いずれ店を出すならこんな店で…と漠然と考えていた。

ただ、その店の店主さんから運営の実態を聞いたり、身近でその働き方を見て、「自分にはやれそうもないな」と思っていたことも事実だった。私が好きなのは、昔ながらの喫茶店とか、大正・昭和レトロな雰囲気の中で自分の理想通りの店づくりができることである。利益を確保できるか、来店者が訪れるか、といったビジネス上のメリットは考慮していない。

その人に「ライターになりたい」ということをぽろっと漏らしたこともあった。ライターといったものの、当時は会社を辞めてフリーランス的に活動したかっただけである。そんな私の想い、本気ではないことが伝わっていたのだろう。ライターとして活動していた知人の例を出して「彼のようにできるか? そんなに簡単にいかない」と厳しい言葉で一蹴された。

知り合いにはスキルレベルの高さからシステムを受託しフリーランスのように働く人、自分で運転代行会社を経営した人などもいたが、強烈な自己推進力の持ち主で(会社を経営しなければならない、という理由が大きかったのかもしれないが)、稼ぐことに対する意欲の高さというのをまざまざと見せられることもあった。そこに自分が持ち合わせていない魅力のようなものを感じ、仕事に対する姿勢として憧れを持っていた。

ただ、それでも夢のひとつに「自分の店を持つ」というのは捨てられない。捨てられないのだが、やはり経営は難しいのだろう。自分の店を持つ、と言うだけなら簡単だが、ウェブ上でもそのような経営困難に陥った企業の話はごまんと転がっている。

このままではいけないと、いわゆる第2領域(緊急度は高くないが重要度が高い項目)への時間を増やしていきたいと考えている。が、考えているだけでこちらもなかなか動けない。

私が将来やってみたいことは? なりたい姿は? それを思うが、今までは一人で気楽にやれていたことも家族の協力がなければできないことも増えてきた。自分一人が苦労するだけならいいが、周囲に迷惑をかけることはできるだけ避けたい。今度はこんな悩みを持つようになった。

いずれかの目標ではあるが、今はそれに備えて種を植え、芽を出すのを待つ時期ではないか。そんなことも考えている。

全体的に非常に抽象的で具体性に欠けるが、自分の今の考えである。

「いい夫婦の日」に花を買った

「いい夫婦の日」にちなんで、自宅近くの花屋で花を買ってもらった。

説明するまでもないが、11月22日は語呂合わせで「いい夫婦」と読めることから「いい夫婦の日」となっている。

花束はガーベラ、かすみ草、あと2種類ほど紫色の花があったが、何かはわからない。

普段からちょっとした花を贈りあったり、プレゼントし合うことは何かにつけ続けてやっていきたい。

はじめは出勤が終わったら花を買ってサプライズで渡そうかと思っていたんだけれど、勤務が終了する19時だと花屋がほとんど閉店している時間で間に合わないし、相手の好みのものと違った場合、残念な結果になる。それに、相談して決めるほうが、(うちの場合は)スムーズにいくようだ。

こうやってささやかでも、いつまでも穏やかに過ごせていければ良いなと思う。