2019年5月の実家帰省

2019年5月3日の夜から5日にかけて、実家に帰省した。夜は星空を眺め、昼は子供と自然の中で遊び過ごした。アイキャッチの写真は、実家近くから撮影したもの。実家から離れてみると、いつも見慣れていたこの風景も懐かしく思えるのが不思議だ。自分も歳をとったな、と思う。

4日の夜にはお世話になっている、以前の勤務先の先輩と夕食を食べ、仕事の相談やプライベートな話をして英気を養った。以前実家にお住まいだった時は自宅からの距離も近く、非常に親近感を覚えていた。また仕事もできるし人当たりも良いし、尊敬している人物の一人である。個人事業主として仕事もしておられる。(サイト:アイティーマーク | itmark)。

5日は午前中から姫路水族館に出かけ、昼過ぎまで楽しんだ。その後、ショッピングモールで娘のペンケースを買い、帰宅した。

なかなか実家で過ごす時間も短く、父や母に聞きたいことや話したいこともあるが、毎回バタバタしているので、ゆっくり時間をとって話したいなぁとも思う。が、そういう問題を解決するために、インターネットがあるし、電話やメッセージアプリがあるんだよな…とか思っている。

自動車社会から脱却できるのか

最近、高齢者の自動車事故のニュースをよく聞くため、自分の父や母にも自動車の運転を控えていってもらいたいと思っている。自動運転ならいいのか、といった質問はあるだろうが、そのへんはいったん置いといて。

実家は僻地で車が日常生活において必要不可欠な地域。電車はもちろんバスですら通っておらず、最寄り駅まで 10km 以上、バス乗り場も 3km 近く離れている。村に行くには山を越える必要があり、健康な大人でも時間がかかるのに、高齢の人になるともっと難しくなるだろう(亡くなった祖母は昔、山を3つくらい越えた先まで歩いて行っていたというが、もうそんな時代でもない)。

Uber や JapanTaxi などの乗り合いサービスやタクシーサービスのアプリももちろん提供外の地域。よくて神戸ぐらいまでしか対応していないのではないか。本来であればこういった問題を解決するために、上記サービスを導入すればいいと思うのだが、日本のシステム的に受け入れが難しいためサービス浸透するのが難航していると話を聞く。タクシー業界などからも反発があるらしい。

今現在も少子高齢化で問題になっている他府県の例もあるし、これからますますこういった地域は増えてくるのではないか。何か対策や問題解決に至る提案はあるのだろうか。

実家に帰ったときにこの話をしようと思っていたのだが、妻が「車がないと不便だ、と父母が少し怒りながら話していた」というのを聞いて、また今度の機会に…といったんこの件は保留となった。いずれ、時期を見て話をしなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です