あさの水車などを巡った 神戸、市街地から北を征く

あさの水車

2017年2月いっぱいで閉店とのことで伺った。雰囲気は田舎の実家のようにゆったりとしていて、悪く言えば雑然とした、よくいえば趣のある室内。昔の水車小屋を利用した古民家。ご主人夫婦も妙齢で、静かでのんびり落ち着いた時間を過ごせる場所。

本日のランチをゆっくり時間をかけて味わった。そして店内には興味のある雑誌が多く、もっと読んでいたいな、とも思った。

再開は未定のようではあるが、最新の情報は FACEBOOK などで告知する、とのことだったので、再びお店に来れる日を楽しみに待ちたいと思う。こういったお店に来ると、牛窓から帰る途中、瀬戸内側にあった古民家風カフェに行ったのを思い出す。

平野展望公園

久しぶりにこういった自然が豊かな場所に来た。静かで誰もいなかったため、非常に落ち着いた。こういった場所なら、創作活動が捗りそうだな、などとも思いながら。

展望台から景色を見ていると、胸が締め付けられる?なんて言ったらいいんだろう。映画「空気人形」を見たときの、街並みの切ない雰囲気を思い出して涙をこらえるのに必死だった。どうも、こういった景色を見ると、過ぎ去った日々を思い出して辛くなったりするらしい。辛くなるとわかっていてもなぜか強烈に惹きつけられるので、やってしまうんだけど。

今はまだ冬だったので、もう少し暖かくなるとそれなりに人も増えそう。といっても、見晴らしがよいくらいでしかなく、アクセスも少し悪くこれといった施設もないけれど。逆に、これくらいで何もない方が人もあまりこなさそうなので、そちらのほうがありがたくも思う。

祇園神社

といっても、京都ではなく、神戸市から北に徒歩約30分ほどの距離にある、商売繁盛、学業祈願のお参りに。

スサノオ、天照大神、が祀ってある。天照大神、といえば、 PS2 のゲーム「大神」の印象しかないんだけれど、なぜかこれも今興味があって調べたいと思っている。

日本人のルーツとユダヤ人のルーツ、そしてキリスト教の関連性に興味があり、調べていきたいと考えている。

アイヌ民族などの日本原住民族、縄文人・弥生人との関連はあるのか。

自らのルーツを探る。なぜこんなに、日本人としてのルーツ、キリスト教・宗教との関連性、ユダヤ人のシオニズム・選民思想・終末思想にこだわるのか?なにか、幼いころに興味を持つに至る事柄があったはず。

あさの水車から歩いて神戸駅方面まで帰って来たのだけど、神戸の街の雰囲気は好きだ。人も多すぎず、かといって田舎すぎるわけでもなく、割とコンパクトな街並み。少し北に行けば(といっても車が必要ではあるけれど)有馬温泉方面にも行ける。

もちろん、南には神戸港や三ノ宮などウォーターフロントとして発達している。現在、神戸市は人口減少傾向にあり、知人の話でも元町・栄町界隈は昔もっと人通りも多く、面白いお店もたくさんあったとのことだが、私は現在の少し静かな雰囲気も決して嫌いではないし、落ち着いていいなと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です