デスクツアー

Macbook Air と、周辺機器に関する記事。

BoYata ノートパソコンスタンド

なくてもよかったが、視線の高さまでパソコンを上げられるので、あればあるで便利。

ロジクール マウス PEBBLE M350

見た目がかわいらしくて購入。クリック音やスクロール音も静かで良い。ただ、他に M705 なども候補にある。また検討しても良いかもしれない。

J ジョイアクセス ワイヤレスキーボード

フルサイズキーボードで、テンキーがついているのは便利。ただ、それなりに使いづらかったりする。薄型で軽量であるが、横幅が大きい(約 45cm)あるため、持ち運びには不向き。自宅での据え置き用と捉えておいた方が良い。

キーボードは興味があるので、他のキーボードも試してみたいと思っている。例えば、 Keychron とか、 Archis とか。

イヤホン final E500

音声が聞き取りやすい、はっきり聞こえるような調整、とのことだったのだが、私の耳では、他のイヤホンとそんなに違いを感じなかった。

なので、2,000円で買った甲斐はあまりなかったかな、という印象。

Apple AirPods Pro

これは妻の妹からの頂き物。やはりプロダクトが良いし、元々高価なイヤホンなどで品質も良い。

ESR AirPods Proケース

しばしば AirPods Pro をテーブルの上などから落としてしまい、いくら貰い物とはいえ元は3万円近くする商品なので、大事に扱いたいと思い、購入。使って2週間も経っていないが、通常使用には支障がない。

スピーカー Anker Sound Core

これは以前から使用している、 Bluetooth 対応の安価なスピーカー。およそ5年以上使っていると思うが、なんら不満はない。故障とかしない限り、買い替えないのではないかと思う。

Anker Power Port III Slim

平たく、コンセントに刺すときに若干幅を取るため、少し使いづらい時がある。そのため、他の充電器でもよかったかもしれない。Anker の USB-C 2口タイプのものとか。

Amazonベーシック USB-Cケーブル 0.9m

充電器と合わせて、こだわって白色を購入した。ただ、現在全ての周辺機器を白色で統一しているわけでもないので、別に黒でもよかったと思う。

エレコム マイクロファイバークロス

画面を掃除したい時、ティッシュでは傷がついてしまうとのことで、こちらを購入。使いやすい。

他に買ったもの

ディスプレイフィルムカバー、ボディプロテクターフィルムは購入したが使わなかった。

書評 アンガーマネジメント見るだけノート

なぜ購入したのか

私は、なぜ、怒ってしまうのだろうか?

家族間で、自分が怒ることによって周囲との関係が悪くなっており、それを解決したいと思っていた。

問題が解決すれば良いが、ほとんどの場合、問題は解決されず、余計に周囲との関係が悪化する場合が多い。

  • 私はなぜ怒りを感じているのか?
  • 周囲との関係性が悪化するにも関わらず、どうして怒ってしまうのか?
  • そういった問題は、解決できないのだろうか?
  • 怒るという行動を選択しているのではないか?
  • 過去の経験から、自分の価値観が形成されているのではないか?

その際、たまたま Lifehackerjp でこの書籍が掲載されており、良いタイミングだと思い、購入した。

この本を読んで解決できること

実際的な解決方法、精神論だけに頼らない、論理的な対処方法が掲載されている。

本書の紹介

  • アンガーログ
  • ストレスログ
  • べきログ
  • サクセスログ

怒る人は、自己否定感の強い人も多い。そこで、自己肯定感を高める方法として、このサクセスログが紹介されている。

Macbook Air で使う Bluetooth キーボードを購入した

Macbook Air での文字入力を効率化するため、サードパーティ製の Bluetooth キーボードを購入した。

「フルサイズ(テンキーつき)の Macbook 用キーボードが欲しいけど、 Apple 純正は高額だし、 Windows やタブレットなどでも使いたい」と思われている方に、ぜひ購入をお勧めします。

メーカーは「 J ジョイアクセス」という、ちょっと聞いたことのないメーカーだ。どうしてこのキーボードにしたのか、理由を次から書いていく。

条件

  • フルサイズ
    • テンキーあり
  • JIS 配列
  • Bluetooth 接続
  • パンタグラフ
  • キーレイアウト mac 準拠
    • Win キーや Fn キーなどが左下にない
  • 〜5,000円台

妥協点

  • カラー
  • キーストローク

他候補のキーボードとの比較

よく YouTuber などがこちらの iClever 社製のキーボードを薦められている。しかし、私はこれにしなかった。

理由としては、上記に記した、左下に Fn キーが配置されている点が挙げられる。この場所に Fn キーがあると、 Mac で使う時にかなり違和感が大きいのではないか、と思ったからだ。

また、持ち運びを考えるなら、いわゆるテンキーレスタイプのほうが良いだろう。しかし、外出時ではとりあえず本体付属のキーボードを使う前提で、このキーボードを購入することにした。

キータイピング音

タイピング音は典型的なパンタグラフ方式のため、音もそんなに大きくなく、タイピングしていて気持ち良い。悪くない音だ。おそらくオフィスや外で使っても、そんなに気にならないのではないか。

キーボードのサイズは要注意

ただ、フルサイズのため、横幅が約 40cm ある。そのため、カフェなど狭い机で使う場合は、持ち運ぶのも大変だし、外で使うのはあまり現実的ではない。

キーバインド変更

デフォルトでは、日本語・英語切り替えが「 Ctrl + スペース 」となる。そのため、「無変換」「カタカナ・ひらがな・ローマ字」キーが実質的に機能していない。

また、 Mac の Cmd キーに相当するのが「 Option / Win 」となる。それもあり、 Cmd + C や Cmd + X 、 Cmd + Z などのショートカットキーを使いたい場合、 Apple 純正の Magic Keyboard とは若干だが位置が異なる。そのため、この場所を癖で覚えていると、それも少し使いづらいかもしれない。

どうしても気になる場合、キーバインド変更ソフトの使用を検討したいが、もう少しこのままで様子を見ようと思う。

概ね満足

さすがに 1 万円以上する、 Apple 純正の Magic Keyboard と比較しては相手が悪いだろう。

しかし、若干の使いづらさを我慢すれば、十分実用的であり、タイピングしていて打鍵感も心地よい。購入して初日だが、買って非常に満足している。

今後、先ほどのキーバインドの変更や、長時間使う上でのメリット・デメリットなども出てくると思う。そのときはまた経過を報告したい。

2021 Amazon ブラックフライデーセールで買ったもの

パソコン用品

こちらは YouTuber の社畜デザイナーが使われていて、「白いマウスやキーボードを使って、暗い机の上で少しでも明るくしたい」とのコメントもあり、購入した。

コロッとしていて、使いやすい。

配達待ち

下記商品は現在配送待ち。

上記のキーボードについては、商品到着後、選んだ理由などをまた詳しく書きたい。

こちらのクリーニングクロスは、 Mac ユーザーの YouTuber おすすめ商品。

なかなか人気なようで、価格が約1,500円に値上がりしたり、入荷時期が約1ヶ月後になったりと、在庫が安定しないようだ。

ファッション用品

腕時計が欲しいのだが、本音は一生使える機械式のものが欲しい。

ただ、現状そこまで腕時計が必須というわけでもないので、こちらのチプカシを購入した。

購入時の価格は約1,100円だったので、やはり非常に安いが、かといってちゃちい感じは少なく、ちょっとおしゃれな雰囲気がある。

日用品

これらは、単純に日常生活で使うものとして。

特にアルコールスプレーの詰め替えは、このご時世もありなかなかドラッグストアなどでも売っていないので、これだけの容量で購入当時は約800円だったので、非常に安いと思う。

Macbook Air ( 2020 年 M1 モデル ) を購入した

このたび、 Macbook Air の 2020 年 M1 モデルを購入した。

今まで Windows しか使っていなかったが、クリエイティブ用途や、外に持ち出した時、今のパソコンではバッテリーが2時間も持たず、結局外に持ち出して作業することがなかった。そのため、「外に持ち出しやすい」ということをメインに、また、 M1 チップが載った最廉価モデルということで価格も安かったため、 Macbook Air にした。

そして、整備済み商品が出回ってきたので、 Youtuber やブロガーの記事などを参考にし、狙っていた最廉価モデル(価格 97,680 円)を購入することにした。

13.3インチMacBook Air [整備済製品] 8コアCPUと7コアGPUを搭載したApple M1チップ – スペースグレイ – Apple(日本)

支払いは自宅の住宅ローンなどもあり、 Apple 提携のオリコ24回ローンにした。こうすると、実質月々4,000円で、利息0%で購入することができる。

なお、ローン申請にはやはり相応に手間がかかったので、急いで整備済み商品を狙っている場合などは、その手間の時間で売り切れたりする可能性もなくはないので、注意してほしい。ローン申請はまた別の記事にまとめたい。

そして、ローンを払い終えた2年後、スペックアップが必要そうであれば、いずれ Macbook Pro を購入したい。

また、それに伴い、周辺機器・アクセサリ関係も購入することにした。別の記事にまとめる予定なので、よろしければ見ていただければと思う。

こんなにワクワクすることは久しぶりだ。

Macbook Air 購入に合わせて買った・買いたいアクセサリ・周辺機器

Macbook Air を購入したので、それに伴い周辺機器を購入することにした。

購入済み

こちらは本体の保護や持ち運びの際に必須になると思うので、同時に使いたいため購入済み。

購入予定

この辺りはあれば便利だろうが必須ではないので、タイムセールやブラックフライデーなどで価格が安くなっていたら検討したい。

ディスプレイ関係

ディスプレイ関係は在宅で Macbook Air を使う場合に必要になると思うが、現状必須ではないので保留中。

その他

このあたりはまだ確定ではいないが、作業効率を高めるため検討中。

参考

Mac ・ Apple 関係は多数の Youtuber やブロガーがいらっしゃるが、主に上記の方々を参考にさせていただいた。

nuro光を契約したので簡単にまとめる

工事期間

  • 申し込み 2021年5月上旬
  • 第1回 宅内 2021/ 6/16
    • 宅内にルーター設置、光回線モジュールと接続、配管工事など
  • 第2回 屋外 2021/8/29
    • 屋外の電線から自宅に電話回線を引き込み

速度

  • 京都市郊外
  • 3階建て住宅
  • 無線 Wi-Fi
  • 2Fにルーター設置
  • 8/29 (日) 昼間に測定

2F

  • A 400 Mbps
  • G 50 Mbps

1F

  • A 90 Mbps
  • G 30 Mbps

WEB デザイナーが業務で使える Mac mini を調べてみた。おすすめはメモリ 16GB ・ SSD 512GB ・内蔵グラフィック搭載モデル

会社で「もしかしたら Mac mini を新規購入するかもしれない。調べておいて」と頼まれ、そのとき調べたメモを公開します。

結果としては、業務で使うなら次のモデルを勧めるでしょう。

CPU 8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engineを搭載したApple M1チップ

メモリ 16GB

SSD 512GB

Intel UHD Graphics 630

132,800円(税別)

https://www.apple.com/jp/shop/buy-mac/mac-mini/intel-uhd-graphics-630%E3%82%92%E6%90%AD%E8%BC%89%E3%81%97%E3%81%9F3.0ghz-intel-core-i5-6%E3%82%B3%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B5-512gb#

CPU ・ストレージ・メモリ・グラフィック、どれをとっても基本以上の水準のため、通常業務で困ることはなさそうです。

次から、詳しい内容を説明していきます。

※ この記事で紹介している内容は、 2020 年 12 月現在のものです。 Apple 公式サイトで最新の情報をご確認ください。

WEB デザイナーが業務で使える Macmini の条件

  • Photoshop や Illustrator 、 Adobe XD をよく使う
  • 動画編集ソフトはそんなに使わない
  • EXCEL / WORD もたまに使う必要がある

ハード

SSD

基本、データを共有サーバで管理するため 256GB でも問題ないが、今後のことを考えると 512GB あったほうが安心。

メモリ (RAM)

今後数年間使うことを考えると、 8GB は辛い。最低 16GB 必要だろう。

Mac mini(M1)のメインメモリは最大16GBまで増設することができます。

https://sumuro.net/2020/05/14/adobe-ran8gb-macmini/

購入する際のオプションで 16GB まで選択できる。購入後のメモリ増設は基本的に不可能でアップグレードできないため、 SSD とあわせて大容量をあらかじめ用意しておいたほうが良さそう。

CPU

新しい CPU になり、下位モデルでも上位モデルでも違いはない。

また、最大のトピックは 2020 年モデルから Appleシリコン・M1チップという CPU が使用されることになった。

https://www.sin-space.com/entry/new-macmini2018-egpu

これにより、数倍早くなった、と公式ではアナウンスされている。実際、体感でも、これまで Intel CPU を搭載していたころより、数倍早くなったと体感的に感じる人も多いそうだ。

GPU

グラフィックを制御する部品。上位モデルには Intel UHD Graphics 630 が CPU に搭載されている。

Photoshop や Illustrator などを使用する場合、あると動作がスムーズ。今後長く使うことを考えると搭載されている方が良い。

参考:比較スペック

項目 / 機種iMac 27インチ(2020)Mac mini(M1)Mac mini(Intel)MacBook Pro 13(Intel)
GPURadeon Pro 5500 XTM1UHD Graphics 630Iris Plus Graphics
Metal42127なぜか計測不能(おそらく22000ほど)470610383
OpenCL401141963648738686
https://www.sin-space.com/entry/new-macmini2018-egpu より引用

Mac mini(Intel)の内蔵GPU・UHD Graphics 630よりもMac mini(M1)の内蔵GPUは約5倍ほど性能が向上しています。

https://www.sin-space.com/entry/new-macmini2018-egpu

周辺機器は別売り

Magic Keyboard と Magic mouse 2 、 Magic Trackpad などは別売り。モニタ、接続用ケーブル等も別途用意する必要がある。

そのため、このような付属品がない場合、購入価格はもっと上がることになる。

ソフト

基本・必須

  • Illustrator
  • Photoshop
  • Bridge

おそらく、普通にストレスなく動かせるだろう。

Microsoft Office

業務上、 EXCEL や WORD などのビジネスアプリを使用することが、業務上避けられないことも多いかと思う。

そういったときに、古いバージョン ( 2010 など ) の Microsoft Office を使用する場合、最新 MacOS で動かない可能性がある。エクセルなど触るなら Windows で行うか、 Windows をデュアルブートできるアプリを使う。

※ M1 チップセットでは Windows デュアルブートできないという噂なので、過信は禁物。

動画編集するなら

以下のどちらかがメインストリーム。

  • Final Cut Pro (約35,000円、本体購入時同時購入)
  • Adobe Premiere Pro ( Creative Cloud に登録していたら使える )

Final Cut Pro は高い。 Adobe Premiere Pro なら Adobe Creative Cloud を利用している場合、プランの中に入っているので追加費用なく使える。

補足資料

M1 チップセットでアプリが動くかどうか

フィルムカメラによる撮影、マクロレンズ購入

良くある、マクロ写真を撮りたいと思い、いつも行っている京都駅のキタムラにて、マクロレンズを購入した。

SMC PENTAX-M ZOOM 1:2.8-4 40-80mm

何枚か撮ってみたが、 1/3 くらい失敗する。

以前標準レンズで撮っていたときはまだフィルム1本使って2、3枚失敗するくらいだが、このマクロレンズでは、うまく撮れているのが10枚のうち1、2枚程度。

10枚程度撮影して、唯一といっていいほど、ちゃんと撮影できていた写真。

なかなか難しい。フィルムの関係などもあるかもしれないが、どうも露出などの値が適正ではないのでは? と思う。なので、露出計をサポートするスマホアプリなどを併用し、今後も引き続き撮っていきたい。

FMV LIFEBOOK AH30/K アップデート第2弾 – SSD 換装・ RAM を省電力タイプに変更

前回、 FMV LIFEBOOK AH30/K の、 CPU を Celeron 1005M 1.90 GHz から Core i3-3120M 2.50 GHz へ換装し、メモリ空きスロットに DDR3 PC3-12800(1600MHz) 2GB へ増設を行いました。

今回は、 SSD と省電力タイプのメモリを購入したので、内蔵ストレージを SSD に交換し、RAM (メモリ)を省電力タイプへ交換しました。

この記事を参考にしていただく場合の注意

この記事では、主に SSD のハードウェア的な交換作業のみを参考としていただけると嬉しいです。

この記事には掲載していませんが、私は HDD から SSD へのデータコピー(パーティションコピー作業)を行いました。その際一部作業に不手際があり、ストレートに作業が完了できなかったため、そちらは記載しておりません。

ですので、あくまでこういう風に作業をした、ということで、ハードウェアの部品的な交換作業のみ記載しています。

作業前の注意

今回もメーカー保証対象外となる作業になりますので、くれぐれも自己責任でお願いします。特に HDD は万が一故障やデータ移行が失敗して物理的・内部的に破損してしまうと、これまでのデータが失われてしまいます。

今回のような部品の交換以外にも、万が一に備え、バックアップは日ごろからこまめに取っておくようにしましょう。私も重要なデータはあらかじめ外付 HDD などにバックアップを取るなどして対策しています。

最近はハードストレージのほかに、クラウドサービスを利用する方法もありますが、本題から離れますのでまた別の記事にまとめます。

RAM 換装

前回、間違って購入してしまった通常タイプのメモリから、省電力タイプの DDR3L PC3-12800(1600MHz) 2GB の中古品をじゃんぱら京都店にて500円で購入し、交換しました。中古ですが、500円とは安いですよね。

2GB で 500円。安すぎる…

交換手順については前回の記事にてご紹介していますので、今回は省略します。

内蔵ストレージ ( SSD ) の購入

前回の記事でサンディスクの250GBの SSD を Amazon で注文し、約4,800円で購入する予定でした。しかし、在庫が切れたのか発送時期が未定となってしまい、購入のめどが立たなくなってしまったのでキャンセルしました。

その後、 SSD の値段が徐々に値上がりし、 250GB で5,000円を超えるようになってしまいましたので、購入に躊躇し、 SSD の交換はいったん保留にしていました。

前述のじゃんぱら京都店に行ったついでに、パソコン工房 京都寺町店にも行ってみたところ、店頭で「パンサー」というメーカーの SSD が 120GB 2,700円240GB 4,700円でセール販売されていました。

そこで本当に 240GB 必要か考えてみました。使用用途としては、妻の実家である、自営業店舗のデータ整理や、普段のインターネット動画を見るのにブラウザを使用する程度。

そんなに大量のデータを扱わないため、最低限の容量で問題ないだろう、という判断で、当初の予定から容量は半分になってしまいましたが、 120GB を購入しました。

パンサーの SSD 表面
パンサーの SSD 裏面

もし 240GB を購入しても、どちらにしてもソフトウェアでのデータコピー作業が発生してしまいます。

では、次からは HDD の交換手順を見ていきましょう。

HDD 取り外し

バッテリーを本体から外し、電源が供給されない状態にしてください。また、念のため手も静電気除去できるものに触れ、静電気を放電しておいてください。

Windows8.1 のロゴが貼られている部分に、 HDD が格納されています

本体裏面左下にある蓋部分を外します。2ヶ所ネジ止めされているので、ネジを外します。

HDD を取り外した状態

こちらは外した状態ですが、ここに HDD が接続されています。右側の端子で接続されているので、左側に少し浮かすようにしながらずらすと外れます。

外した HDD は、片側に2ヶ所ずつ、計4ヶ所ネジ止めされていますので、これを外し、同じ向きになるように SSD を取り付けます。

片側2ヶ所ずつ、合計4ヶ所ネジ止めで固定されています

今度は逆の手順で本体と SSD を接続し、裏蓋を取り付ければ完了です。向きが合っていれば自然に入りますが、間違った向きで強引に入れないよう、注意してください。

今まで使っていた 320GB の HDD は、最後に紹介している外付 HDD ケースに入れ、バックアップ用として利用しています。

Windows 10 へのアップグレード

今までは Windows 8.1 を使用していました。SSD への換装が終わり、データコピーが完了し安定した起動が確認できたため、 Windows10 へのアップグレード作業を行いました。

今回のタイミングまで待ったのは、 Windows10 が快適に動作するには、メモリが最低 4GB ないと動作が重くなり厳しい、ということでしたので、今回 SSD への換装が終わったのを機に、アップグレードを実施することにしました。

Windows10 へのアップグレード方法は、別のブログ記事を参考にさせていただきましたので、また後日追記しておきます。

交換完了後、動作が非常に早く・快適に。

SSD 交換・ Windows10 アップグレードを行って、電源を入れてから OS の立ち上げまで、体感として 1/3 程度で起動する印象です。ソフトやブラウザの起動なども待たされることなく、快適に使えています。

データのコピーが必要なため若干ハードルは上がりますが、それさえ解決できればほぼストレスなく使えるようになります。 SSD への換装は古くなったノートパソコンを手軽に現役でも使えるようにする方法として、特におすすめです。