SKAGEN KLASSIK 233XXLSLB の電池交換・ベルト交換方法

SKAGEN HYBRID が故障

現在、 SKAGEN HYBRID(初代モデル。2020年現在おそらく廃盤)というモデルのスマートウォッチをしています。ところが、何かのタイミングで日付を確認した状態で止まってしまいました。

電池交換で直るかな? と思い、電池を交換してみましたが、動かないままで、故障? してしまったようです(修理方法、代金などについては、別途まとめたいと思います)。

SKAGEN KLASSIK 233XXLSLB という時計を再び使うことに。ところが…

以前、 SKAGEN の KLASSIK 233XXLSLB というモデルを使っていました(2020年現在、廃盤になっているようです)。スマートウォッチの HYBRIDというモデルを使うようになったため、現在は使わなくなっていました。

少し前に部屋の片づけをしたときに出てきたのを思い出し、「そうだ、これをまた使えばいいのでは?」と思いましたが、電池が切れていました。

以前、スマートウォッチの電池をお店で交換してもらった際にかかった費用は、約1,500円。さすがに電池交換だけで1,500円は厳しいので、ネットで調べたところ、どうやら素人でも電池交換はできるようなので、挑戦してみました。

なお、電池交換は保証対象外となる可能性が高いので、あくまで自己責任でお願いします。私はすでに保証期間が過ぎていたので、自分で交換しました。

電池交換

※これから見苦しい写真が何点か出てきます。ご注意ください。

手順としては、簡単です。

まず、裏蓋を外します。裏蓋の左下あたりに引っ掛けるところがあるので、できるだけ細いマイナスドライバーをつかって、てこの原理で突起に引っ掛けて持ち上げるように外します。

見えづらいですが、左下(ネジの上の位置)に突起があります

私は多少本体に傷がついても問題なかったので、特に何もしませんでしたが、本体に傷がつくのが嫌な方は、柔らかい布などをかませたりして、本体に傷がつかないようにするといいでしょう。

電池は 621SW を使用します。私は Amazon で購入しました。価格はだいたい300円台からあるようです。聞いたことのないメーカーのものだと5個で300円くらいのものもあるのですが、ちょっと不安なのと、1年に何回も交換するものでもないと思ったので、国産でそこそこ評価の高い、 Sony の電池を選びました。

100均などで販売している場合もありますが、同様に海外製のよくわからないメーカーのものなので、特に急いでいる場合以外などは、私は使用しないと思います。

交換が終わったら、裏蓋を取り付けます。向きを合わせて押し込むとパチッとはまる感触があると思いますが、できるだけガラス面に負荷をかけないように注意してください。机や固いものに押し当てるようにすると、ガラス面が薄いせいもあり、割れる可能性が高いそうです。コツとしては、ベルトとの接続部分を指で挟むと、力を入れやすいです。

日付合わせについて

リューズを1段階(少しだけ)引き上げれば日付合わせができます。

ベルト交換

無事、電池交換でき、時計が動くことがわかったので、ベルトの交換もします。およそ5年近く使っていてボロボロになっているため、さすがにこのまま使うのは厳しい状態です。

手汗などが染みついて、非常に見苦しい状態です

KLASSIK 233XXLSLB のベルト幅は 22mm です。お使いのモデルによってベルト幅は変わりますので、合うものを購入してください。

純正のベルトだと、対応したものが5,000円(税別)であるのですが、それよりも安く、3,300円でカシスというブランドから対応するベルトが販売されています。

CASSIS というメーカーのベルト。金色の留め具、簡易のプラスドライバーがついていました

SKAGEN のベルトはネジで留める特殊なタイプらしく、メーカー純正以外で適合するものがあまりないようです。そんななか、 CASSIS というメーカーは、 SKAGEN に対応したベルトを販売しています。

ベルトを交換するときにネジを外す必要があります。CASSISのベルトを購入したら、ドライバーもついてくるのですが、レビューを見ていると若干使いづらいという書き込みが多かったのと、ほかに細かいネジを外したりする作業の時に使うかもしれませんし、ドライバーセットも併せて購入しました。これもいろいろ出ていますが、とりあえずレビューの高いものを購入しました。

ドライバーセット。 Amazon で1,180円でした

それと、使った後メンテナンスせずに置いていたので、ガラス面・本体に細かい傷や汚れがついていたため、メラミンスポンジで軽く汚れを落としました。

ただ、こちらもおそらくメーカーから推奨された掃除方法ではないと思います。かえって本体に傷がついてしまったり、故障の原因となる可能性がありますので、心配な方は避けてください。

とてもきれいになりました

電池交換・ベルト交換をして、また気持ちよく使えます。これから何年使うかはわかりませんが、長く使ってあげたいですね。

購入した商品

CASSIS のベルト

SONY SR621SW(364) ボタン電池

ドライバーセット

Leave a Reply