ロットリング マルチペン フォーインワン

2017年10月ごろにロットリングの4色ペンを購入し、日常的に使用している。

それに合う替え芯として事前に準備しており、現在下記2種類を使用してみたので、使い心地をレビューする。

替え芯

PILOT HI-TEC-C SLIMS レフィル LHRF-20C4 0.4mm

なめらかな書き味。ペンも動かしやすく、個人的には好みの書き味。

OHTO R-4C7NP 0.7mm

油性インクらしい、やや乾燥したような書き味。書き始めのインクが出づらく、ペン運びにもやや引っかかりを感じる。ブランドとしては好きだが、常用したいか、と言われると…。

総評

現在、ボールペンの中では「書いても消せる」アドバンテージのあるフリクションシリーズ、「なめらかな書き味」ジェットストリームの2強であるように個人的に思っている。

あえて主流から外れたものを選んだのは、「ビジネスシーンでもふさわしい、さらに少し個性的なものが欲しい」という思いと、ロットリングは過去に学生時代にデザインの授業で使っていたのもあって、懐かしさ、デザイン界隈に身を置きたいと思っている自分にふさわしいものを、という気持ちがあったため。

過去、フリクションシリーズを使っていたこともあったが、インクの薄さ、書いても消せてしまうことが逆に適当に書いてしまっているような気がしたため、あえてまた消せないボールペンを欲しいという気持ちもあった。

今回このペンを買ってみて、良い物を長く使っていくのは気持ちがいいことだなと思った。

2017年の振り返りリスト

2017年の振り返りリスト

どこかから引用させていただきました。引用元を控えていなかったため不明ですが、下記共有します。

まず最初は過去に目を向け、3つのリストを作成してみます。

  • 1つ目は2017年にあなたがやれたことをリストにしてみましょう。
  • 2つ目はやれなかったことをリストにしてみます。
  • 3つ目は楽しかったことリストを作ってみましょう。

2018年にやりたいことリスト

次は今年やりたいことをリストにしてみましょう。今年やりたいこと、挑戦してみたいことを書き出してみて下さい。

未来の自分を想像したリスト

最後のリストは1年後の2019年1月の自分を想像して、どんな自分になっているのかを書き上げてみて下さい。

5年後・10年後の目標

すぐ作るリスト

  1. やりたいことリスト
  2. すき間時間にやれることリスト
  3. 恩人リスト
  4. 幸せを感じるリスト
  5. 未完了のリスト

MBTI による自己性格診断で心の問題は解決できるか

参考資料

多くに Google による機械翻訳を含む。

INFJ ・内向型・エンパス・ HSP について

各事項の概要。(執筆中)

INFJ とは

MBTI による自己分析結果から、私は INFJ だと診断された。確かに、その性向については概ね間違っていないように思う。

エンパスとは

エンパスとは、共感性が高く、他者の感情を吸収してしまう性質を持った人のことを指す。概して、多人数が集まるところや騒音などに弱く、体調を悪くすることもある。

HSP とは

(執筆中)

内向型とは

下記書籍および書評の関連リンクが詳しい。

書評「内向型人間のすごい力」

自己分析結果から見る私について

内向型と見られたくない、外向的に振る舞わなくてはならない、という脅迫的な思い込みがある。

INFJ というタイプ診断から見ると、男性の INFJ タイプは、女性のそれと比べて割合はさらに低くなるそうだ(男性は全体の 0.5 % 、女性は 1.5 % 程度)。そのため、一般的に男性は男性らしさを求められる社会において、社会不適格なのではないかという恐れ(実際にそういった傾向もある)から、男性性を発揮しようと、強硬的な姿勢をとることもよくあるそうだ。

女性性が強い・エンパス(共感性が強い)と感じているが、この理由は「そういうふうにありたい(自分は他者の気持ちを汲み取れる、共感能力の高い人間だ)、他者から尊敬されるすばらしい人物だと思われたい」と思っているのでそう振る舞っているのではないか。実際のところ、他者に適切に接することができず、「もっと何かできたのではないか」と落ち込んだり自己嫌悪に陥ることも多い。

ただ、周りの空気に飲まれやすい・圧倒されやすいという特質があるというのは、あながち間違っていないかもしれないと感じている。個人的に特に印象にあるのが、某所でイベントがあったのだが、その場の空気に圧倒され、その場にいることが恐ろしくなりイベント会場から離れた、という思い出がある。

終わりに

まだまだ整理の途中ではありますが、似たような状況や診断結果が出た方はぜひ情報共有できればと思っています。問い合わせまたはメールいただけると幸いです。

32歳を迎えて

32歳になりました。昨年から引き続き多くの方のお力添えをいただき生かされていると感じた一年でした。今年に入って私が還元できているのだろうかと思い悩むことも多くあります。そんなことを考えているなら少しでも実行に移すべきことなのもわかってはいるのですが、なかなか。

また、改めて日々生きていくことの難しさを痛感しています。微細な単位でいえば今日の食事はどうしようということから、いずれ死ぬときのことを考えて生きているだろうか、など。

そして生活する環境をどうしていくか、ライフワークバランスを考えた生き方とは。最近縁があり、京都方面に足を伸ばす機会が増えています。そんな中で、以下のようなことを考えています。

個人的な問題

  • 働き方
  • 余暇の過ごし方
  • 枯れない技術の磨き方
  • 社会への還元

公的な問題

  • 人口減
  • AI が台頭する時代
  • 少子高齢化
  • 何を希望とするのか・豊かさとは
  • サスティナブルな社会のために

ちなみにまじめかと思われるかもしれないですが、特段そういうわけでもありません。親しい間柄では普通に冗談を言ったりアホなことをしたりしています。