Spotify、日本ローンチ開始。先行登録受付中

2009年(もう7年前になるんですね…)のリリース当初から気になっていたサービス、「Spotify」の日本ローンチが開始されました。

Spotify 招待コードをリクエスト

さっそく嬉々としてアプリをダウンロードしてきましたが、招待コードリクエストの段階で、まだ実際に利用することはできないようで、受付開始を待っている段階です。無事、エントリーされますように!

なお、今回のSpotifyの日本ローンチに関して、TechCrunch Japanに興味深い内容で言及されている記事がありました。

Spotifyの遅すぎる日本ローンチ、先行サービスに追いつくことができるか | TechCrunch Japan

その準備期間の間に、複数の国内プレイヤーとグローバルに展開する音楽ストリーミングサービスが日本でローンチを果たしている。国内プレイヤーには、サイバーエージェントとエイベックス・デジタルとの共同出資による音楽配信サービス「AWA(アワ)」やコミュニケーションアプリ「LINE」が展開する「LINE MUSIC」が筆頭にあがる。日本でサービスを展開する世界的なプレイヤーには、Apple MusicとGoogle Play Musicがある。

確かに2009年当時にSpotifyがローンチした当初は画期的なサービスで、好きな音楽が好きなだけ(無料で!)聴けるという優位性は大きなアドバンテージがあったように感じます。しかし、上記リンク先でも指摘がありましたが、2016年現在の日本ではさまざまな音楽ストリーミングサービスが展開されるようになりました。

「無料で音楽が聴ける」という点だけなら、(実際に私もしているのですが)Youtubeの動画視聴でも構わないかもしれません。ですが、特定チャンネルの音楽を垂れ流しで聴いたり、今まで出会ったことのない音楽を聴くには、やはりこういったアプリのほうが一枚上手に感じます。


また、以前海外のアプリで「exfm」という似たようなコンセプトを持った音楽視聴サービスがあり、それを好んで使用していました。ですが残念なことに、2014年にサービスを休止しています。やはり無料ユーザ数が多いため広告収入などが少なく、運営が難しかったのだろうか…などと考えてしまいます。

こうして考えてみても、ネットワーク界隈におけるサービスの移り変わりはめまぐるしく感じます。今スマホに入っているアプリもつい最近入れたものが多くを占めていますし、削除したアプリはどんなものだったのか、思い出すのも難しいほどです。デバイスやユーザの視聴環境も多岐に渡る中、Spotifyが日本でどのように広がりを見せていくのか、興味深いところです。

2016年1月の振り返り

1月が終わりましたので、1ヶ月間を振り返ってみます。

読書

カテゴリ タイトル 実績数 達成率
ビジネス・自己啓発 起業は1冊のノートから始めなさい
読書は「アウトプット」が99%
2 200 %
ファッション・業界 0 0 %
小説 マスカレード・ホテル 1 100 %
その他 0 0 %

※「各カテゴリで毎月1冊以上の本を読む」を現在の目標としています。

所感

  • ビジネス・自己啓発書 : 数字上は目標達成しているがアウトプットまで含めると…。今後の課題。
  • 小説 : マスカレード・ホテルを勧めてもらったことによっていろいろと読みたい本が出てきた。ただ、毎月1冊以上のペースで読んでしまうと、数が目的になったり、小説ばかり読んでしまいそうになってしまうので、まずはペースを守って1冊1冊を味わってしっかり読み込んでいけるようにしたい。
  • ファッション・業界 : まずどういった本(雑誌)を読んだらいいのか ? という、書籍の選び方から検討していきたい。あまり関係のない本を読んでも仕方ないので、誰か詳しそうな人にたずねてみようと思う。
  • その他 : ノーコメント。

次に読みたい本(メモ)

  • 起業したくなったら
  • フリーで働く!と決めたら読む本
  • 紙の月
  • 天空の蜂
  • 「やさしさ」という技術
  • 起業家のように企業で働く
  • 望郷
  • 舟を編む

ブログ

日数 記事更新数 達成率 連続更新
31 11 35 % 5

所感

  • 記事の品質・内容については今のところ問わない : 今後ステップアップして、読み応えのある記事を定期的に投稿できるようにしていく。
  • 仕事の時間に追われてしまい、平日は頭を切り替えまとめる時間が取れない : 平日帰宅後はブログを書ける環境にしづらい。いっそのこと、出社前に書くようにしてはどうか。今すぐでなくても今後実施できるようにスケジュール管理したい。
  • 休日は休日で、スケジュールをその日に慌てて決めているので事前に予定が立てづらく、1日が終わってしまう : 休日もある程度スケジュールを立てて、ブログ執筆に当てる時間を確保する(今後の課題)。
  • 曜日ごとにテーマを設定したが、それに基づいた記事が投稿できていない : テーマ設定は現在のところハードルが高そうなので、いったんテーマにこだわらず、記事を投稿する持続力と習慣を見につける。

とりあえず1ヶ月目、走りだしてみましたが課題点が浮き彫りに。この投稿自体も2月を10日以上過ぎてからのものですし、少しずつでもブログに対しての心理的ハードルを下げて定期的な投稿を目指します。

秀丸エディタ用の monokai 風 hilight データを作成しました

秀丸エディタ用の monokai 風 hilight データを作成いたしましたので、配布いたします。よければご利用ください !

完成データ

monokai_theme_markdown.zip ] からダウンロードしてください。

反映イメージ

HTML プレビュー

Markdown プレビュー

なぜ作ったか

秀丸エディタを業務上メインのテキストエディタとして使用しています。理由として、 Sublime Text を使いたいのですが業務上 EUC-JP ファイルデータを扱う必要がある こと。また、開発者が日本の方で 日本語エンコードにおおかた問題なく対応している こと、開発状況も長く安定しており ネームバリューもあり運用に信頼がおける 、といった点が気に入って使っています。

ちなみにプライベート(といってはおかしいかもしれませんが)として Mery を使用しています。やはり軽量でお手軽なため使い勝手がよく、こちらもおススメします。

ただ少し気になるのが、 デフォルトのエディタ画面が少し野暮ったいな、という点。そこで monokai 風のデザインのほうが好みなので、そういったデザインの秀丸テンプレートはないのか探していたところ、下記に作成されたデータを見つけました。

上記記事および下記カラースキームを参考に、 monokai 風 + Markdown 記述にも対応したデザインになるようアレンジ  させていただきました。秀丸へのインポート方法も、上記記事を参照ください。この場を借りてお礼をさせていただきます。

「 monokai_theme_markdown.hilight 」は配布・改変など、ご自由にどうぞ。ただ、不具合等ありましても一切保証はできかねますので、その点はご了承ください。

Color scheme Example

下記のイメージを参考に、カラー設定しました。

http://simianuprising.com/wp-content/uploads/2012/08/solarized-dark-jer-screenshot.png
https://camo.githubusercontent.com/d166d729327e525185285d4ae4f5a29f5a06dbf5/687474703a2f2f657468616e7363686f6f6e6f7665722e636f6d2f736f6c6172697a65642f696d672f736f6c6172697a65642d70616c657474652e706e67
http://www.andrespagella.com/img/articles/customizing-chrome-devtools/dark-inspector-3.png
Themes – HexChat > https://dl.hexchat.net/themes/Monokai.hc
https://camo.githubusercontent.com/d166d729327e525185285d4ae4f5a29f5a06dbf5/687474703a2f2f657468616e7363686f6f6e6f7665722e636f6d2f736f6c6172697a65642f696d672f736f6c6172697a65642d70616c657474652e706e67

Markdown Source code sample

表示確認に使用した Markdown ソースコードサンプルは下記を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

使用フォントについて

使用しているフォントは「 Source Han Code JP 」です。フォントは下記から入手可能。

このフォントはすごく見た目がよくて使いやすいんですが、気になるのが 半角3文字に対して全角2文字 サイズになるので今までと違う字幅にちょっと戸惑いがあるかもしれません。私も気になるかと思いましたが、あんまり気にせずに使っています。

改善したい点

  • 複数行に渡るコードのスキーム設定(秀丸の設定が複数行に対応していないので難しいかも…)
  • テーブル・定義リスト等拡張 Markdown に対するスキーム設定
  • Markdown ソース内、 HTML コード記述部分に対するスキーム設定

これ以外に気になった点やご意見・ご要望があればお聞かせください ! できるだけ対応します。

また、今後カラーバリエーションとして Solarized Light 系のスキームも作ってみたいですね。気長にお待ちください !

ノブレス・オブリージュとは

書籍を探していた時に「ノブレス・オブリージュ」という言葉が出てきたので、気になったので調べてみました。

ノブレス・オブリージュは今日的な意味を持ち得るか – Linkclub Newsletter(リンククラブ・ニューズレター)

(前略)

一般的に「ノブレス・オブリージュ」とは貴族、あるいは高貴な者の義務と解釈されている。社会的地位の高い者はそれにふさわしい義務を負ってしかるべきであり、彼らは一般の人よりも多くの規範に従うなどの責任を担う。

(中略)

私心のない無私と自己犠牲の精神があるからこそ、社会的な地位の高い人は尊敬されるのだろう。特権の甘い果実のみを享受する姿勢は、ノブレス・オブリージュとはほど遠い。

(中略)

いみじくも、多摩大学大学院教授で社会企業家フォーラムを主催する田坂広志氏は『未来を拓く君たちへ』(PHP文庫)の中で、21世紀においては「”高貴な人間が自覚すべき義務”という意味から、”恵まれた人間が自覚すべき義務”という意味になっていくだろう」と喝破している。

高貴さや貴族性を身分や地位でなく個人の魂の輝きと捉えるならば、組織や集団の長のみならず、ありとあらゆる人にとってこの概念は精神的な支柱となり得る。ノブレス・オブリージュは現代人の失われた精神性を回復し、人間の生き方を見つめ直すひとつのきっかけになるかもしれないのである。

語源はフランス語、貴族が厳しいまでに己を律し、その立場を私心のみに使わずにすることを良しとする考え方で、「武士道」にも通ずるところがある印象も受けます。

これは現在では貴族だけでなく、引用元にもあるように社会的地位が高い・低いといったことに関わらず立場としてふさわしい行動を取る指針足りえます。いっときの感情で快楽に走らず、自身だけでなく周囲にも模範になるように努めたいものです。

独自ドメイン取得・ブログ引っ越し作業を行いました

一昨日( 1/9 )、「お名前.com」でドメインを取得し、これまでレンタルしていたエックスサーバーからブログを引っ越しさせてきました。

できれば連休中にもう少し余裕を持ってデータ移動させたかったのですが、 DNS 変更で24時間以上かかっていたりして、すんなりといかせてはもらえませんでした。次回以降ドメイン取得する際は、余裕を持って平日に取得・休日に設定を進められるようにしていきたいですね。

ブログインポートでつまづいたり、まだ Jetpack 連携ができていなかったりと多少不備もあるのですが、随時修正していきますので、これからも SNIUR をよろしくお願いいたします!

旧ブログ( http://fk3.wp.xdomain.jp/ )は、近日中に全データ消去する予定です。

なぜわざわざ独自ドメインを取得したのか ?

「 SNIUR を自分のブランドとして展開させたい」という夢(野望 ? )があるのです。この辺は、もう少し具体的なプランができてからお話できればと思います!