これから30代を生き抜く私へ – 【書評】30代にしておきたい17のこと

30代を生きる人へのアドバイスを全17章・各3~5節に分けて説明。著者の周囲30代~70代までといった幅広い世代へ「自分が30代のときに言っておきたいこと」といった内容でのアンケート調査もあり、著者の実体験も交えながら解説されている。

「○○代にしておきたい17のこと」「ユダヤ人大富豪の教え」シリーズなども監修した作者による自己啓発書で、著者の実体験に基づいたアドバイスが、平易で分かりやすい言葉でまとめられている。この本が生まれた背景には、上記「20代に~」執筆の折、読者の感想で「30代もまとめて欲しい」といった声が多かったのがある。

私自身、20代のころは迷いに迷った覚えがたくさんあって、「30代になってもこのままなのかな…」という漠然とした不安があった。私の周りの30代の人達はみなすばらしい人たちばかりで、悩まず、まっすぐ生きている気がして「こんなに悩んでいるのは自分だけなのか?」と思ったりもしていた。だけど、案外みんなも私と同じように悩み、迷いながら生きているのかもしれないな…とちょっと気持ちが楽になり、これからの10年を見据えて中長期的に目標設定していく必要性を感じた。

読んで欲しいのはズバリ30代だが、やはり著者も男性なので特に同性のビジネスパーソンにおすすめ。女性は少し立場が違うためあまりしっくりこないところも多いかもしれないが、「親との関わり方」や「自分のお葬式の弔辞を書いてみる」などは具体性があり幅広い層に役に立つだろう。30代というのは新しい命の誕生や、別れの機会が増える時期で、人生にとって良いことも悪いことも、大きな変化が起きやすい年代だと思う。もちろん30代にこだわらず、20代や40代の人にとっても普遍性の高いアドバイスがあるので、一読の価値はある。

最近気になった、Kashiwa daisukeの楽曲。

ポストロックとかエレクトロニカとかアンビエントとかが好きで、よく聞いているんですが、その周辺で最近気になった楽曲。

音楽とともに、全体的に彩度が落とされたトーンで統一された映像が美しい。

特に、1:58~の男性が自室の中?で佇んでいるシーン。都会の中で孤独と叙情を感じているような、想像の余地を残す、趣きのあるシーンが印象的。

昔、彼の下記作品を買ったことがあったけれど、また他のCDもチェックしてみようかな。

Amazon.co.jp: kashiwa daisuke : 5 Dec. – ミュージック

豊島ツアー

4月に姫路で花見をした帰り道、「豊島に行きたい!」という話になり、写真部としての活動もしたい、ということで行ってきました。

当日の天気は曇り~強風を伴う小雨。フェリーは予定通り運航するのか、雨に降られて残念なことにならないか…という一抹の不安を胸に現地へ向かう。

0830 姫路駅出発。
私の遅刻で、本来0800出発予定だったが遅れてしまった。休憩を挟みながら、長谷川さんの運転で岡山県宇野港を目指す。

1030 宇野港着。
予定よりだいぶ早く到着したのでゆっくりできた。フェリー出航まで、宇野港のアート(漂着したゴミを使った作品)等を教えてもらいながら時間をつぶす。

1145 フェリー乗船。
フェリーなんて何十年ぶりだろう…?確か小学生か中学生ぶりで、それくらい覚えていないような以前のはず。もう少し天気が良ければ甲板に出て風景を見たりしたかったが、次回のお楽しみにとっておこう。

1230 フェリー下船。
豊島に降りるが、私だけモタモタしていたら危うく降りそびれそうになる。レンタカーにて出発し、アートスポットを何箇所か回りながら昼食を食べられるところを探す。

1300 「島キッチン」にて昼食。
松阪さんの友人、喜多さんの紹介で昼食をいただく。私はキーマカレーを注文。辛くなくペロッと食べる。その後いったん喜多さんと別れ、他の展示を回る。
<スポット>
ピピロッティ・リスト 「The First Colour」
森万里子「トムナフーリ」
青木野枝「空の粒子」
ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー 「ストームハウス」
イオベット&ポンズ「勝者はいない–マルチ・バスケット・ボール」
唐櫃美術館

うまく言えないんだけど、すごく雰囲気が良くて、みんながそこにいるだけで絵になってたなぁ。

豊島美術館着。
喜多さんと合流。展示説明の一部をお聞きする。じっくり時間を取って話を聞く予定だったが、雨が強くなってきそうだったので喜多さんとはここでお別れ。

静かな気持ちになれる、自分と向き合うための時間を過ごせる場所だ。結構雨が降っていたはずなんだけど、建物内はそれを忘れさせるくらい、風と建物の心地よさで過ごすことができた。

カフェ・物販スペースの雰囲気もよく、おしゃれだった。休憩できればよかったが、大人数で話をするのは難しそうだったので、場所を変えて休憩することに。

だが島時間は早い。
ほとんどのお店がラストオーダー1600とかなのである。
「海のレストラン」1600LO。
「コートヤード」テイクアウトのパン屋さん。
小腹を満たせるように、とパンなど軽食を購入。
しかも立ち寄った直後に店員さんが閉店作業をはじめる。
強風が吹いていたし、もうお客さんも来ないだろうしね…。

その後、とりあえずレンタカーを返しにフェリー乗り場付近まで
早めに戻って帰りのフェリーを待とうか、ということに。
道中、「てしまのまど」というご飯やさんを発見、立ち寄る。

1730 「てしまのまど」にて休憩兼夕食。
店員の方にアポを取り、ほぼ閉店作業中だったところを
なかば無理やり開けてもらい入れてもらう。
水餃子セットをいただく。あったかくておいしい…。ほっこりする味。
1800に店員の方が予定があり、そこで閉めるので、ということで引き上げた。
もっと時間をかけてのんびりしたいところだ。

1845 フェリー乗船。
一時仮眠。
1930 フェリー下船。宇野港に到着。姫路に向けて出発。

2200 姫路駅着。帰宅。
途中何度か休憩を挟みながら到着。

風は強かったものの、ザーザー降りの雨ではなくて良かった。が、冷たい雨と風で少し体調を崩してしまったようで、のどが痛む。

豊島はゆったりとした時間が流れている気がする。展示はどれも味わいがあり、今回見に行けなかったスプツニ子監修作品や、海のレストランなどもまた改めて行ってみたい。