【書評】われらの文学〈第10〉福永武彦,遠藤周作

先日紹介した、「別冊新評 <全特集>星新一の世界」と同時に購入。

何故買ったか

遠藤周作の「海と毒薬」が読みたかった。それだけなら文庫版でも構わないのだが、他にも中長編小説が多数収録されており、一番読みやすいと感じているのが昭和40年~60年代に発行された書籍のため購入した。

よく見たら、アイキャッチの画像が裏表逆だった。後日改めて撮影・再掲載したい。

われらの文学〈第10〉福永武彦, 遠藤周作 (1967年) | 大江 健三郎, 江藤 淳 |本 | 通販 | Amazon

【書評】別冊新評 <全特集>星新一の世界

1976/12/10 刊行

どこで買ったか

京都の古本屋、三密堂書店にて購入。

なぜ買ったか

星新一に関して、また昭和40年代前半刊行の書籍だったため興味を持った。

どういう本か

星新一についての評伝や彼の書いたコラムの掲載、関係者による寄稿文など。

星新一がもたらしたショート・ショートへの功罪

この「星新一の世界」内で特に私が印象に残ったのは、 P.178 – P.180 に掲載されている、大西赤人氏の「開拓者(パイオニア)星氏の引き起こした副作用 ――星氏の航海の渦から抜け出すことの困難さ――」と題した考察だ。この中で、星新一氏が残したショート・ショートの定石、功罪と行ったことに関して言及されている。

私も思うのは、確かに、ショート・ショートといえば、彼の作品のような、 SF をテーマにした作品で、平坦な文体で、最後にどんでん返しのオチがある…といったものを指すようになったと思う。他の作家のショート・ショートに触れていないのでまだその意識があるのかもしれないが、多くの人は――少なくとも「ショート・ショート」という言葉を知っている人は――そういう認識であると思う。

この点が、「星新一らしさのある作品がショート・ショートであり、評価されるべきもの」という、誤った固定観念を生み出してしまう一因になってしまっているのではないだろうか。

まとめ

全文読んでいないが昭和 40 年代当時の広告なども掲載されており、当時の情勢なども知れる貴重な書籍だ。

しかしこの本、婦女子方々には良さがわからんでしょう。なぜって、広告をご覧なさい。新型車の発表、生命保険、製紙会社の案内。どう見たって、若い女子が歓声を上げる類のものでは、ないでしょう。

というわけで、読んでいて面白いと感じるのは、少なくとも30代以上の男性で、星新一やショートショート、 SF といったものに興味がある層、ということになるでしょうな。

なぜ、自分でもこんなにこの当時の世相を色濃く残す書籍に、強く心を惹かれるのか。理由がよくわからないのだが、よくわからないこそ、潜在意識に刷り込みがあるのやもしれん。

個人的に現代の横組の文字や縦組みでも級数の大きい文字は若干読みづらく感じる。昭和 40 年代~ 60 年代の書籍が漢字かな混じり、文字の級数、印刷・製本の具合などにより非常に読みやすいと感じることが多い。これは幼い頃から親しんでいた書籍の影響によるものが大きいのだと思う。

この時代の書籍を読んでいると、自分も長編・短編小説やエッセイなどを書き上げてみたい、と思う。なんにせよ、まだ全ページ通読していないので、読むのが楽しみだ。

京都で開催される夏の古本市、下鴨納涼古本まつりについて

冒頭で紹介した三密堂書店さんは、2019年8月11日~8月16日に開催される、下鴨納涼古本まつりにも出店されるようだ。こちらのイベントにも、足を運んでみたい。

MOS 検定のために使用するパソコンの検討

MOS 検定とは

購入の背景

会社から MOS 検定に合格すると支給金があるとのことで、自宅学習をすることにした。そこで、Microsoft Office 2016 が必要になり、端末の購入を検討した。現在所持している Surface , FUJITSU Lifebook には Office 2013 がインストールされているものの、難易度は 2013 がもっとも高いと言われている。ならば、いっそ最新バージョンの 2016 を受験したいと考えた。

そこで、資格勉強と今後3年程度は使えるようなパソコンを新調したい。さらに家の中や外、帰宅時などを問わず持ち運んで使えるノート PC (あるいはモバイルブックなどと言われる端末)を検討。なお、タブレットタイプ・ 2in1 などは機能・スペックと価格が釣り合わない、今回の要望とは外れると考えたため除外した。

また、妻の実家が自営業を営んでおり、そこでも使えるようなスペックのものを用意すれば、試験勉強が終わった後でも無駄にならないだろうと想定した。

現在受験できる Office のバージョン

  • 2016
  • 2013
  • 2010

要件

上から優先度が高い。

  • Microsoft Office 2016 Home & Business インストール済み(※必須要件)
  • または、 2016 Personal インストール済みで H&B にアップデート可能

よくある間違い

  • Microsoft ではなく WPS や Kingsoft といったメーカーのもの(これが一番厄介。価格が安くても Microsoft Office ではないため購入してはいけない)
  • Office バージョン違い、アップグレード不可

購入したいノートパソコンの仕様詳細について

主に本体重量が下記3パターンに分類され、このうち「超軽量」または「軽量」が希望。なお、名称は便宜上のものとする

超軽量・ウルトラブック

一般的な特徴

  • 重量 1kg 以下
  • ディスプレイサイズ 13.3 inch 以下
  • スリムキーボード(テンキーなし)
  • 光学ドライブなし(外付けのみ対応)

メリット

  • 軽くて持ち運びに便利

デメリット

  • 価格の割にスペックが低い場合が多い
  • 光学ドライブが内蔵されていない
  • キーボードにテンキーがないため、数字入力が若干不便

軽量・モバイル PC

一般的な特徴

  • 重量 1.5kg 以下
  • ディスプレイサイズ 13.3 – 15.6 inch
  • スリムキーボード(テンキーなし)
  • 光学ドライブなし(外付けのみ対応)

メリット

  • 軽さとスペックのバランスが良い

デメリット

  • 光学ドライブが内蔵されていない
  • キーボードにテンキーがないため、数字入力が若干不便

通常・ノートタイプ

一般的な特徴

  • 重量 2.4kg 前後
  • ディスプレイサイズ 15.6 inch 以上
  • フルサイズキーボード(テンキーあり)
  • 光学ドライブ内蔵

メリット

  • 光学ドライブ・テンキーなどが付いているため、使い勝手が良い
  • ディスプレイが大きいため見やすい
  • 高スペックで Office 以外にある程度画像編集なども可能

デメリット

  • 重いため持ち運びに不便

スペック詳細

パーツ詳細備考
CPUCore i5 以上
RAM4GB 以上8GB 以上希望だが必須ではない。今後アップグレード可能ならさらに良いだろう
HDD500GB 以上可能なら SSD 128GB 以上
日本製
安さを重視するなら海外のものでも良いだろうが、今後自営の業務でも使用することを考えると、まず国産ブランドを準備することにした

予算

5万円~10万円以下。無論安い方が良いが、安すぎても品質に問題を感じるため

購入を検討したノートパソコン

候補 1

概要

  • 税込 53,784円
  • HDD 500GB だがメモリ 8GB 搭載、重量も 1.5kg 程度とバランスが取れているため
  • 軽く、スペックもそれなりによく、 Office 2016 Home&Business インストール済みのため

候補 2

概要

  • 価格 税込 64,584円
  • メモリは 4GB 、光学ドライブ未搭載だがSSD 搭載、本体重量 890g と圧倒的に軽いため
  • 軽く、スペックもそれなりによく、 Office 2016 Home&Business インストール済みのため

自作パソコン・ BTO パソコンを組み立てるならこうする

昔、何度か BTO パソコンを使ったことがあった。確か最初に購入したのは BTOパソコンのFaith(フェイス) (現在はツクモに吸収合併されているようだ)、次に DELL で、カスタムメイドモデルを購入した覚えがある。

そして 10 数年経っているが、今再び自作 PC を組み立てたいと思っている。いくつか理由があるが、大きな理由は下記。

用途

  • Microsoft Office を使用した事務作業・画像編集用として大型ディスプレイを備えた主力となるパソコンとして
  • AMD の Ryzen が登場し、 CPU が安価で選びやすい状況になった
  • 現在所持しているノートパソコンが多すぎるので端末を1台に統合したい

現在所有しているパソコンについて

現在、下記パソコンを所有している。ただどれもノートパソコン(モバイルサイズ・11~15インチ)のため拡張性に乏しく、ディスプレイサイズも比較的小さいためエクセルなどを使用した事務作業の効率が悪い。そのため、一般事務作業を行えるようなパソコンを購入したいと考えている。

Surface PRO

10 年近く前に購入したもの。 SSD を搭載しているし、かんたんな事務作業にはまだまだ現役として使えるが、刷新しても良い。

FUJITSU FMV LIFEBOOK AH30/K

もともと、妻が所有していた端末。

NEC VersaPro PC-VK18TG/G

資格試験の勉強という名目で購入。だがほとんど使用していない。

これら所有しているパソコンの処遇

希望するスペックのデスクトップパソコンが完成すれば、多数の端末を所持する必要性も薄くなる。そのため、必要なものを1台程度までに減らし、あとは売却など処分したいと考えている。

希望スペック・予算

どれも、記事投稿当時( 2019 年 8 月現在)の価格。

CPU

Intel

Amazon | INTEL インテル Core i5 9400F 6コア / 9MBキャッシュ / LGA1151 CPU BX80684I59400F 【BOX】【日本正規流通品】 | インテル | CPU 通販

AMD

Amazon | AMD CPU Ryzen 5 2600 with Wraith Stealth cooler YD2600BBAFBOX | AMD | パソコン・周辺機器 通販

メモリ

Amazon | TEAM DDR4 PC4-19200 DDR4 2400MHzシリーズ Ecoパッケージ (8GBx2枚(16GBkit)) | Team | メモリ 通販

SSD

Amazon | シリコンパワー SSD 256GB 3D NAND採用 SATA3 6Gb/s 2.5インチ 7mm PS4動作確認済 3年保証 A55シリーズ SP256GBSS3A55S25 | シリコンパワー | パソコン・周辺機器 通販

マザーボード

Intel

Amazon | ASRock Intel Z390 チップセット搭載 ATX マザーボード Z390 Pro4 | ASROCK | パソコン・周辺機器 通販

AMD

Amazon | ASRock AMD Ryzen AM4 対応 B450 チップセット搭載 ATX マザーボード B450 Steel Legend | ASROCK | パソコン・周辺機器 通販

スペックまとめ

上記商品とは若干構成が違うが、まとめ。

項目内容備考予算
CPUIntel Core i5 940020,000円
メモリ16GB8GB * 28,000円
主記憶媒体SSD 256GB8,000円
補助記憶媒体HDD 1TB10,000円
グラフィックカードGeForce 1080Tiなくても良い。15,000円
マザーボードASUS10,000円
電源玄人志向 500W5,000円
ケース4,000円
ディスプレイASUS 23inch12,000円
キーボード既存のものを流用0円
マウス既存のものを流用0円

夢は膨らむ一方。ただそれよりも収入がないと話がならないので、優先順位をつけてやることをやらなければ。

昔の話をしようと思う – 私のオンラインゲーム歴

私が主に学生時代にやっていた、昔のゲームについて語りたい。

どれも地元の幼馴染から教えてもらった。昔から彼もゲームが好きだったが、いったいどこから情報を仕入れてきたのか…

Diablo

Blizzard 社が製作した、ネットワークプレイ可能な大規模ゲーム。確か中学生のころにやっていたはず。

ローグライクゲームの走りとして、その界隈としては当時かなりの人気だった。グラフィックは洋ゲーらしく、人の四肢が串刺しになっていたり、血しぶきが飛び散ったり、悲鳴が聞こえたり…とかなりグロい表現もあった。が、友人に誘われてよくプレイしていた。

基本的に遠距離職が好きだったし、ローグでプレイしていたはず。彼は魔法職が好きだったのでウィザードを使用していたはずだ。

最初は誘ってくれた彼と一緒に健全にプレイしていたが、そのうち彼もチートやデュープをして、レアで高性能な装備を量産していたはず。私はあまりそういった知識や技術に明るくなかったので、もっぱら彼からそういった装備をもらう専門だった。

Diablo はその後、 3 まで出たようだ。そして最近、この初代 Diablo を最新の Windows 10 環境でもプレイできるように再現したクラシックバージョンが発売されたらしい。懐かしい気持ちから、またやってみようか、などと考えている。

Lineage

NC Soft が製作した MMORPG 。このゲームで MMORPG の面白さ、恐ろしさを知ることになる。

主にエルフでプレイしていた。中学生~高校生にかけて、ほとんどの時間をこのゲームのプレイに当てていた。当時を振り返ると馬鹿なことをしたとも思うが、ゲーム内にも血盟という他のゲームでいうギルドのようなグループがあり、その中でコミュニケーションを楽しんでいた。

が、後半は殆どソロプレイオンリーになっていた。ゲーム内で一つの目標とされる Lv50 (高性能キャラに変身できるなど、強さが相当変わる。その分、マゾと言われるほどの経験値量を稼がなくてはならない)に到達することもなく、 Lv40 後半のキャラクターを何体か作ったままになっていた。

同じサーバーでプリンセスとして最初に Lv50 を達成した人と親しくなり(半ば強引にこちらから連絡を取った。当時は大した度胸があったものだ)、 Lineage を離れたあとも後述する RO もプレイしていた。彼女も今はどうしているのか。

Ragnarok Online

ガンホーが運営していた MMORPG 。当時はあまりの運営のずさんさが悪い意味で話題となり、 GM やメンテナンスが何度も入る異常事態を起こしていた。ただ運営初期のそうしたお祭り騒ぎのような時期を共に過ごせたのは、今思い返すと大変でもあり懐かしくもある。

また、ゲーム内での仮想恋愛や仮想結婚が流行ったり、このゲームをきっかけに実際に交際や結婚したり、はては犯罪を起こしたり…と、いい意味でも悪い意味でも一般ニュースに登場したゲームだった。

後方支援キャラが好きで、 int-dex-agi プリースト(完全後方支援専門の回復キャラ)を主にプレイしていた。その他、 agi-str-dex 騎士(攻撃力よりも手数で勝負する、防御力低めの前衛職)、 agi-str-dex アサシン(回避力は高いが耐久力が低い、紙装甲タイプの暗殺キャラ)のキャラも所持していた。

最終的には、ゲーム内のペットを連れながら、一人でブラブラと世界を回っていた。

まとめに

今思い出しても時間をかけてやったこともあるし、当時協力プレイした人たちもいたし、こうやって振り返ってみるとひどく懐かしく感じる。昔からコミュニケーションを取ることはあまり得意ではなかったけど、そんな私でも一緒に遊んでくれたみんなの存在がありがたかった。

みんな、今頃どこで何をやっているのやら。

サイトデータを誤って削除。復旧のために行ったことのまとめ

不要なバックアップデータを削除しようとしたが、誤って wp 以下のデータを全て削除してしまった。

概要

お名前.com がデフォルトで生成しているバックアップデータを全削除していたのだが、それに紐付いていたのか、 WordPress 内のデータも全て消えてしまっていた。

プラグイン「 WP-Optimize 」で日次ごとにバックアップデータを生成していたが、そもそも WordPress 内に保管されていたため、バックアップデータも取り出せなくなり、復旧が厳しくなった。

復旧方法

ただ幸いなことに、数日前にプラグイン All-in-One WP Migration でローカルにダウンロードしていたデータがあるので、10日ほど前のデータになるが復旧できそうなめどがたった。

バックアップデータの確認

いきなり本番環境でバックアップを復旧させてエラーが起きるのも問題だ。まず、ローカル環境にてバックアップデータをインポートし、問題なく復旧できるかを確認したかった。

そのため、 Local by Flywheel にてテスト環境を構築し、プラグインからバックアップデータのインポート作業を行った。

Local by Flywheel によるテストサイト構築

Local by Flywheel でテストサイトを構築し、問題なくバックアップが復旧できるかチェック。 Local by Flywheel 設定方法などについては、別途記事作成予定。

プラグイン All-in-One WP Migration からバックアップデータのインポート

プラグイン All-in-One WP Migration をインストールし、「インポート」からローカルのバックアップデータをインポート。

ただ、バックアップのファイルサイズが 315MB に達しており、デフォルトのファイルサイズ制限が 300MB までに設定されているため、インポートができなかった。この問題は、公式サイトからプラグインのエクステンションを追加ダウンロードすることで、最大512MBまでバックアップ容量を拡張することができる。

解決方法

エクステンションの追加ダウンロード方法は、下記。

  1. All-in-One WP Migration Import から 「 Basic 」をクリックし、リンク先をローカルにダウンロード
  2. WordPress 管理画面 -> プラグイン -> 新規追加から、先ほどダウンロードしたプラグインをインストール

なお、バックアップするデータサイズが 512MB 以上になる場合、 $69 で買い切りの Premium プランへ登録する必要がある。

これで数日前のデータになるが、 なんとかサルベージできる目処が立った。

今回のミスの原因と損失

  • ディレクトリの度重なる変更により、サイト構造が複雑になっていた
  • 不要なデータが残り、容量が肥大化した
  • 結果、バックアップデータの取り回しが不便になった
  • 必要なバックアップデータをダウンロードしていなかった

今まで、 WordPress をインストールするサブディレクトリ形式やディレクトリ構成をたびたび変更し、その都度不要データが残ってしまっていた。そのため、最も重要であるバックアップデータ生成作業を、容量自体の肥大化のために怠ってしまっていた

転んだ先の杖として、あらかじめバックアップを取って対策を取っていた。だが、逆にその安心感が「バックアップもあるし大丈夫だろう」という油断を産み、結果的にサイトデータがクリアされてしまうというミスを犯してしまった。

このバックアップを取っていなかった期間、 7/10 ~ 7/20 のデータ、トップページの変更履歴、そしてアップロードしていたすべての画像が、復旧不可能となってしまった。

画像について

今までアップロードしていた画像について、前途のプラグインでバックアップを取ることも可能。本来は問題なくバックアップできるが、ファイルサイズがさらに肥大化する。画像のバックアップ自体は行っていなかったため、すべてのアップロード画像がなくなった。この点も、私のミスである。

バックアップデータについて

WordPress のバックアップデータを取る方法は各種ある。それぞれの特性を捉えて有効に活用することが重要だ。その中から今回学んだことをまとめてみた。

BackWPup でバックアップが肥大化する原因

バックアップデータが肥大化している問題については、下記が影響している。

/blog/wp/wp-content/uploads

上記ディレクトリに BackWPup で生成された過去のバックアップデータを保管しているため、雪だるま式にバックアップ容量が増加。結果、バックアップサイズが 2GB を超え、バックアップデータ生成に失敗している。

お名前.com では過去 21 日間のバックアップデータが保管されている

お名前.com は初期設定で過去21日間のバックアップデータを保管している。このため、お名前.com でサイトドメインを取得している場合は、プラグインを使用しバックアップを取る必要性は低いだろう。

まとめ。適正なサイト構成で運用しやすいサイトを作ることが重要

管理しやすいサイトを構築することは、運用しやすいサイト構成・データで構築することである。今後は、こういった事故が起きないように、サイト構成・サイト容量の適正化に務める必要がある。

今後について

これまでにも何度かサーバ内のデータを整理しようとしていたがやれていなかった。これもいい機会なので一度クリーンにしたい。