文章を早く書くコツ

文章を早く書くには、つぎのポイントがある。なお、この情報は下記サイトより一部抜粋・編集させていただいた。

情報提供元:上阪徹の超スピード文章術の記事一覧 | リクナビNEXTジャーナル

文章を書く「真の目的」を見つける

なんのために文章を書くのか、「読者の読後感」を意識する。「書くこと」が目的になってしまっていると、文章の真の目的や読者の読後感が分かりづらくなってしまう。

ターゲットを一人決める

読み手を意識する。誰か一人に向けて書いた文章なら、ターゲットと想定する読者像がぶれず書きやすい。

メモを取って素材「事実、数字、エピソード」を揃える

インタビューでも、工場の視察でも、聞いたこと・見たことだけを書くのではなく、具体的な数字を記述する。

誰かに話すように書く

誰かに向けて話すように書くことで、自然な文章が作られる。難しい書き言葉などの使用が控えられる。

できるだけ形容詞を使わない

様子を表すときは「事実」を入れる。例えば、「気温10度の寒い中」など。形容詞を使った幼稚な文章にならないようにする。

書き出したら「一気通貫」で書き上げる

誤字・脱字は気にせず、まずは見出しと対応する文章を一気に書き上げる。細かい数値でわからないところは「★★」などと記述し、あとから調べて書く。

コメントを残す