これはあなたの人生です。 – 私の物語

THIS IS YOUR LIFE.

DO WHAT YOU LOVE, AND DO IT OFTEN.

IF YOU DON’T LIKE SOMETHING, CHANGE IT.

IF YOU DON’T LIKE YOUR JOB, QUIT.

IF YOU DON’T HAVE ENOUGH TIME, STOP WATCHING TV.

IF YOU ARE LOOKING FOR THE LOVE OF YOUR LIFE, STOP;

THEY WILL BE WAITING FOR YOU WHEN YOU START DOING THINGS YOU LOVE.

STOP OVER ANALYZING, LIFE IS SIMPLE.

ALL EMOTIONS ARE BEAUTIFUL.

WHEN YOU EAT, APPRECIATE EVERY LAST BITE.

OPEN YOUR MIND, ARMS, AND HEART TO NEW THINGS AND PEOPLE,

WE ARE UNITED IN OUR DIFFERENCES.

ASK THE NEXT PERSON YOU SEE WHAT THEIR PASSION IS,

AND SHARE YOUR INSPIRING DREAM WITH THEM.

TRAVEL OFTEN: GETTING LOST WILL HELP YOU FIND YOURSELF.

SOME OPPORTUNITIES ONLY COME ONCE, SEIZE THEM.

LIFE IS ABOUT THE PEOPLE YOU MEET,

AND THE THINGS YOU CREATE WITH THEM

SO GO OUT AND START CREATING.

LIFE IS SHORT.

LIVE YOUR DREAM, AND WEAR YOUR PASSION.

THIS IS YOUR LIFE. (原文 : 英語)

THIS IS YOUR LIFE. これはあなたの人生です。(邦訳ページ)

挫折、かつての私

生きていく中でいろいろなことがあります。

喜び、悲しみ、怒り、憎しみ。

周りから見れば、とあるありふれた人間の、とあるありふれた一生の物語かもしれません。ですが、当人にとっては「ありふれた」では済まない、その人だけの物語です。

冒頭に引用させていただいた詩は、私に非常に大きな力を与えてくれました。

自分の人生は、誰が決めてくれるのでもない、自分が決めるのだ。すべて自己責任なのだ。

少し昔の話をしようと思う

いわゆる「片付けられない」性格でした。幼いころから、周りに流されやすい、自分の意見が言えない性格であったなぁとも思います。そのせいで、失敗した経験も数多くありました。それから、昔は「楽天的な性格」だと思っていたのですが、たぶんそうやって深く考えないようにしないと自分の精神の安定を図れなかったのかなぁと、今になって思います。

服は買ってきてもそのままクローゼットにかけっぱなし、処分しないから増え続け、片付ける場所がないので収納クローゼットを新たに購入、それでも溢れかえる服。

食品や生活雑貨も、古いものを適切に処分しないため増え続け、片付ける場所がなくなってようやく少し処分。それでも、新しいモノを買うスピードには当然追いつかず、その場にとりあえず置いておく。

私だけの問題ではなかったのですが、それを管理できていなかった自分に責任があります。いえ、正確に言うなら 「管理したくても管理しなかった、責任感のない自分」 が一番の問題だったと言えるでしょう。

憧れる生き方 – 私が本当にしたいのは

  • シンプルライフ
  • ミニマリスト(ミニマリズム)
  • ダウンシフター

とにかく、自分で管理しきれない、両手に有り余ってしまうほどのモノを持ちたくなかった。もっと自分の身の回りをシンプルに、軽くしていきたかった。

そんななか出合った上記の生き方。私はこういった生き方ができるよう、日々実践していきたいと考えています。

シンプルライフ

個人的にはモダン・アーバンといったイメージよりも、今流行りの「北欧風」とか、ナチュラル風のインテリアが好きだという感覚が自分の中ではうすうすありました。今自分の日記を見返してみると、5年くらい前から北欧風インテリアには興味を持っていたようです。

ミニマリスト(ミニマリズム)

さまざまなブログを見ていく中で(おそらく2015年3月ごろだったと思います)この言葉と出合いました。当時自分にいろいろと要因があり、精神的・肉体的に限界を迎えつつあったところ、この考え方と出合い救われた部分も大きかったのです。

「ミニマリストとは?」という定義づけで揺れた時期もあったようですが、おおまかには「最小主義」といったものです。

ただ、その中でも原理主義にまで陥ることなく、上記シンプルライフと絡めて日々を美しくシンプルにすごしていくことが私の理想です。ファッションやおしゃれは好きですし、ある程度の見た目は重要だと思っています。言ってしまえば、生きていく中での私のポリシーは 「いかに美しく在るか」 ということです。そのためなら、自分の中で美しいと感じられない、老いていく今後の人生(60歳以降)はあまり意味のないものだとも思っています。

ダウンシフター

この言葉は最近(2015年11月)知りました。

こちらは生活の質を落とす…というと聞こえが悪いですが、「より働いて、より稼いで、贅沢な暮らしをする」といったライフスタイルから降りる( = ダウンシフト)することで、毎日の消費を抑えて暮らすという生き方になります。

考え方は少し昔に流行った「スローライフ」と似ているのかもしれません。

なぜ「稼ぐ」のか? – 自分の中で出せなかった答え

かつて働いていた会社で「稼ぐ」ということについて教えられました。

もちろん男として、社会的な役割として「稼ぐ」ということは重要です。お金がなければモノは買えませんし、生活費も必要ですから生きていけません。ですが、私にはどうしてもその考え方をすべて理解することができず、うまくその気持ちも消化できないでいました。

無論、稼がなくても生きていけるとか、楽して暮らすというような甘い考えを言うつもりではありません。ただ、いわゆる拝金主義とまではいかなくても 「今よりもっと」を求めることが本当に必要なのか? それが私にとって「幸せ」だと言えるのだろうか? という考えがあったのです。 私はその競争社会に乗れないのではないだろうか? 私が重要に考えているところは本当にそこなのだろうか? さまざまな疑問や問題点が浮き彫りになっていくのを感じていました。

この考えも、今現在仕事ができてある程度の収入があり、とりあえず食べるものと住むところには困っていない、不自由を感じていないからかもしれません。過去に仕事を辞めて働いていない時期がありました。今考えれば、そういったことも経験できたのは良かったのではないか、その経験があるからこそ今の私がある。それは疑いもない真実です。

叶うならば、 私と同じように迷っている人、悩んでいる人が例え一歩でも踏み出すための力となりたい。 それが私の夢であり、願いです。

影響を受けた人物

ブロガー

  • 坂爪 氏
  • malzack 氏
  • しましま 氏
  • ハービー 氏
  • Jmatsuzaki 氏

著名人・作家・デザイナー

  • オードリー・ヘプバーン<発言の引用>
  • <ポストカードの作者>

神戸ビエンナーレ 2015 – イベントレポート

神戸メリケンパークで開催されていた「神戸ビエンナーレ 2015 」の展示を見に行ってきました。

展示で印象に残ったのは

一番は障がい者の展示でした。うらやましいと思った。見たものをそのまま表現する力強さ、パースとか立体感とか無視しているけれど、形として成立している。また、光に向かっていくペガサスの作品は素晴らしかった。

暗室の中で見た光のカーテンの展示。もとは東遊園地会場で 11/1 までの展示作品だったようですが、メリケンパークの会場に持ってきて展示していたようです。美しいと感じました。

書道の作品などもありましたが、だいぶ崩して書いてありましたので単純に読みづらかった。ですが、「かきつばた」や石川啄木の作品をモチーフにしたものもあって、それは分かって良かった。

大学生の作品群もありました。それらはやはり感性が若い(こんなことをいうと自分も年をとったなぁと思う)というか、分かりやすいものがあったけど、大型の「スキ」(正確なタイトルを失念)は作者が何を表現したかったのか、理解するのがなかなか難しかった。

「のらもじ」という作品は、まちなかに溢れる店のフォントを、自分で入力したものに変更できる、というもの。フォント1つ1つが可愛らしく、また味があって、こんなフォントなら使ってみたいと思う。実際に使えるようで、 のらもじ発見プロジェクト からダウンロードできる。 @105 が元フォントを提供した店舗に寄付されるらしい。

あとはイラストや大型の油彩画とかもインパクトがあり、良かった。

行ってよかった。

ゆたかな人生が始まる シンプルリスト – 【書評】もっと身軽に生きていくために。

今日は当初の予定がキャンセルになってしまったので、神戸市立図書館に行って本を読もうと思い、ざっと目を通して回っていたのですが、気になったのがこの本でした。

たまたまかもしれませんが、シンプルライフに通じるところがあり、あとで見返してみると Amazon のほしい物リストに入れていた書籍でした。

人生に無駄なことはない。完璧な存在になる必要などない。 ( P.115 – L.2 )

過去の辛い思い出や悲しかった出来事も、決して無駄なことではなかったのだと思うと、この言葉があって非常に救われました。

お気に入りの映画や小説、幸せのモデルの人・ロールモデルになっている人は誰か?

これは自分の好きな人物を知ることで、「その人のようになりたい」という自分の願望に気づくことができる、ということです。私の好きな人物としてそのとき思い当たったのは、「オードリー・ヘプバーン」と「名探偵ホームズ(アニメ)のホームズ」でした。彼・彼女のように、美しく・紳士としてふさわしい所作を身につけたい。

人生という一冊の本の著者 となる。

自分の葬式にはどのような状態であって欲しいか? そこまで考えるのは難しいことですが、そうやって人生の終わりまで考え、そこに向けて何をしていけばいいのかを考えていくことが重要です。

人生の羅針盤 ( P.118 – P.119 )

  • 人生の挫折から抜けだすためのアイデア
  • もう二度としたくないこと

人生の挫折から抜けだすためには、もう二度としたくないことをやらないようにするにはどうしていくかを考え、実行していかなければなりません。

ポジティブな言葉の力を知る ( P.136 )

L.7 「しなければならない」「できない」 → 「したい」「できる」

これは会社の人と話をしていて特に思うのですが…その人は(もちろん悪気がないのはわかっているのですが)「~~しないとあかん」「~~しないといけない」という言い方をよくされて、その度に自分はちょっと嫌な気持ちになってしまいます。なので、私がそういった発言になりそうなときには、上記のようにできるだけ「~~したい」「~~ができるようになりたい」という言い方に変えていけるように意識しています。

失敗や挫折の経験が役に立つ ( P.137 – L.10 )

なぜ寂しいのか ( P.156 ) : 恋愛に関して

「ゴミ箱」行きのリスト ( P.167 ) : 怒りの処理について

幸せになる才能 ( P.174 )

苦しみから学ぶためのリスト ( P.179 )

もし恋人に裏切られたくないなら、裏切られるかもしれないなんて決して想像してはいけません。 ( P.190 – L.7 )

ここは完全にまだ過去が断ち切れていない私の問題点です。詳細は避けますが、過去の問題を未だに引きずっています。そういった未練とか嫉妬といった感情をうまくコントロールしていきたいと考えています。

読み終えて

ただ、これは短い時間で読み込める本ではなさそうですので、きちんと購入して改めて読み返してみたいです。

気になった関連書籍

Journeys of Simplicity – Philip Harnden

上記作品が気になったのですが、英語のものしかないみたいですね…。

ストレングスファインダーによる診断 – 自分だけの特長的な資質

ストレングスファインダーによる診断をおよそ半年ほど前に行っていました。当時はあまりしっくりきていなかったものもあるのですが、今見てみると「やっぱりそうだなぁ」と思い当たるところが多いです。


私の素質の上位5つ

1. 収集心

あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。 あなたが収集するのは情報――言葉、事実、書籍、引用文――かもしれません。あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を引かれるから集めるのです。そしてあなたのような考え方の人は、 いろいろなものに好奇心を覚えるのです。 世界は限りなく変化に富んでいて複雑なので、とても刺激的です。 もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずしもあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの蓄積された情報を充実させるためです。 もし旅行が好きだとしたら、それは初めて訪れる場所それぞれが、独特な文明の産物や事柄を見せてくれるからです。これらは手に入れた後、保管しておくことができます。なぜそれらは保管する価値があるのでしょうか? 保管する時点では、何時または何故あなたがそれらを必要とするかを正確に言うのは難しい場合が多いでしょう。でも、それがいつか役に立つようになるかどうか誰が知っているでしょう。あらゆる利用の可能性を考えているあなたは、モノを捨てることに不安を感じます。ですから、 あなたは物や情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます。 それが面白いのです。それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです。そしておそらくある日、その中に役に立つものが出てくることでしょう。

これはおそらく読書をしたり、ネットから情報を得ることを指しているのかと思います。また、「いろいろなものに好奇心を覚える」というとおり、趣味や好きなことも熱しやすく冷めやすいところがあります。

インプットを増やすことを示唆していると思うのですが、それをいかにアウトプットしていくか、というところがネックになるかな。

2.0 による「収集心」の活かし方についての補足

  • 教育、研究、またはジャーナリズムのように、毎日新しい情報を得ることが求められる仕事を探します。
  • 情報を保存して簡単に探し出せるシステムを考案します。 切り抜いたすべての記事を1冊のファイルにまとめるというシンプルなシステムから、コンピュータのデータベースという高度なシステムまで、いろいろなシステムが考えられます。
  • 「目標志向」または「規律性」の才能の高い人とパートナーになります。 このような人は、あなたが知的好奇心のせいで興味深くはあるが本筋からそれた道を進んでしまっているときに、本来の目的を達成する手助けをしてくれます。
  • あなたの精神は開かれており、吸収力があります。 あなたは、スポンジが水を吸収するように情報を自然に吸収することができます。 ただし、スポンジの主な目的が吸収したものをずっと保持しておくことではないように、頭に知識を蓄積しただけというわけにはいきません。 出力のない入力は停滞を引き起こします。 情報を収集し、吸収したら、あなたの知識によって最も利益を得られる個人やグループにそれを知らせて、意図的に情報を共有してください。
  • あなたには、事実、データ、アイデアをたくさん蓄えておく生来の資質があるかもしれません。 実際にそうである場合は、エキスパートとして身を立ててください。 あなたの「収集心」の才能に従うことによって、あなたは特定の分野の権威として知られるようになる可能性があります。
  • 単に情報を収集するだけにならないようにしてください。 ある時点で、得た知識を活用して行動を起こす必要があります。 他の人にとって最も価値のある事実やデータを特定することを重視し、その人たちの利益のために情報を活用してください。
  • 自分が専門とする分野を見つけ、その分野に関する情報を積極的に集めます。
  • 刺激を受ける本や記事を読む時間をスケジュールに組み込みます。
  • 徐々にボキャブラリーを増やします。 新しい言葉を覚え、その意味を学びます。
  • 収集した情報を他の人と共有できる機会を見つけます。 また、質問に答えることが楽しみであることを友人や同僚に伝えます。

2. 慎重さ

あなたは用心深く、決して油断しません。あなたは自分のことをあまり話しません。 あなたは世の中が予測できない場所であることを知っています。すべてが秩序正しいように見えますが、表面下には数多くの危険が待ちかまえていることを感じ取っています。あなたはこれらの危険を否定するよりは、一つひとつを表面に引き出します。そうして、危険はひとつずつ特定され、評価され、最終的に減っていきます。いうなれば、 あなたは毎日の生活を注意深く送る、かなりまじめな人です。 例えば、何かが上手くいかない場合に備えて、あらかじめ計画を立てることを好みます。 あなたは友人を慎重に選び、会話が個人的な話題になると、自分のことについては話しをせず、自分自身で考えることを好みます。誤解されないように、過度に誉めたり認めたりしないように気をつけます。 人になかなか打ち解けないという理由で、あなたを嫌う人がいても気にしません。あなたにとって、人生は人気コンテストではないのです。人生は地雷原を歩くようなものです。そうすることを望むならば、他の人は用心せずにこの地雷原を駆け抜けるかもしれません。しかし、あなたは違う方法をとります。あなたは危険を明確にし、 その危険が及ぼす影響を推し量り、それから慎重に一歩ずつ踏み出します。 あなたは細心の注意を払って進みます。

ネットではわりと自分の話をしていますが、誰かと話すときにはあまり自分のことは話さず、相手の話を聞くほうが好きです。すぐに過去の話をしたりして心を開くのが不安な時があり、自分のことをしゃべりすぎた場合はあとで自己嫌悪に陥ったりすることもあります。人をあまり誉めないというのも、相手に対して正直な評価をしているということで、嘘やお世辞が下手と言えるかもしれません。

また、「注意深く送る、かなりまじめな人です。」ともありますが、こちらは自分の生活パターンがあり、それを乱されるのがあまり好きではない、ということも影響しているのかもしれません。自分がどんな評価されようと自分は自分、という頑固な部分かも。

2.0 による「慎重さ」の活かし方についての補足

  • あなたには的確な判断力が備わっているので、人に助言や忠告を与えるような仕事を選びます。 特に、法律、堅実な商取引、または法令遵守などに関連した仕事で能力を発揮するでしょう。
  • どのような仕事であっても、自分の決定について熟慮することが重要であることを人に伝えます。 あなたは他の人が気付かない要因に気付くことができます。 相談役として頼りにされるようになるでしょう。
  • 慎重に意思決定を行う理由を説明します。リスクを強調するのは、リスクの制御と低減が目的であることを説明します。 「慎重さ」の才能を、自信のなさや臆病さと誤解されないようにします。
  • あなたはデリケートな話題を慎重に思慮深く扱うことで、他の人たちに信頼感を与えます。 デリケートな問題や紛争を扱う仕事に、このような才能を活かしてください。
  • あなたは無謀な危険を冒すより、慎重に決断に至る傾向があります。 話がうますぎると感じた場合は、その直感を信じてください。
  • 変化の時代において慎重に意思決定を行うことの重要性を考えます。 これらの利点を他の人に説明できるようにしておきます。
  • 必要以上に自分をさらけ出さないようにします。 機密情報を共有する前に、相手がどのような人物であるかを慎重に見極めます。 友情関係を築くのに時間がかかるため友人の数は多くありませんが、真の友人を持っていることを誇りにしましょう。
  • 「指令性」、「自己確信」、「活発性」の才能の高い人とパートナーになります。 このような人と協力すれば、多くの確実な決定を下すことができるようになります。
  • 決断する前に「よく考える」期間を取るようにはっきりと伝え、他の人たちがやみくもに行動に移してしまうことのないようにしましょう。 あなたの注意で他の人たちが愚行を冒すことを回避して、賢明な結論を下すことを手助けできます。
  • すべての事実を集め、自分のスタンスをじっくり考える機会が得られるまで、意見を述べることを保留してください。 あなたは変化をすぐに受け入れるタイプではありません。考えられる結果をあらゆる角度から熟考する傾向にあります。 あなたは慎重な人間として、迅速に行動することを好む衝動的なタイプの人の「ブレーキ」として機能します。

3. 最上志向

優秀であること、平均ではなく。 これがあなたの基準です。 平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。 真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。このように、この自然に長所を見分ける力は、 他の人から人を区別していると見られるかもしれません。あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。 同じように、 自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。 あなたは、 あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。 あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、 持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。 その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

これはまさしくその通り、といえる結果。対象がたとえ自分でも他人でも、悪いところを直すよりも、良いところに目を向けて伸ばしたいと思っています。そして、そういった自分の長所を認めてくれる人が好きだというのもしっくりきます。

2.0 による「最上志向」の活かし方についての補足

  • 自分が最も才能を発揮する分野を特定したら、そこに集中します。 スキルに磨きをかけ、 新しい知識を習得します。 訓練を重ね、 複数の分野で強みを発揮できることを目標に努力し続けます。
  • 仕事以外で自分の最も優れた才能を活かせる機会を設けます。 このとき、その才能が自分の人生の使命にどのように結びつき、家族や地域にどのような恩恵をもたらすかということについて考えます。
  • 問題解決はあなたのエネルギーや熱意を消耗させる可能性があります。 トラブルシューティングや問題解決を行ってくれる、回復志向のパートナーを見つけてください。 その人に対して、このパートナーシップはあなたの成功にとっていかに重要であるかを伝えてください。
  • 成功事例から学びます。 意図的に、長所を見つけた人と時間を過ごします。 長所を知ることがいかにして成功につながるのかを理解するにつれ、自分の人生でも成功を収める可能性が高くなります。
  • 短所を改善することよりも大きな才能を形成することに多くの時間をかける理由を人に説明します。 初めのうちは、あなたの行動は自己満足と勘違いされてしまうかもしれないからです。
  • 何が壊れているかを見つけて修復しなければならないという従来の知恵によって「最上志向」という才能が抑制されないようにしてください。 所属している組織やコミュニティの中でうまく機能している部分を見つけ、力を注ぎ込んでください。 あなたの才能や能力の多くが、これらの卓越した面の構築と拡大に確実に費やされるようにしてください。
  • 長期的な関係や、長期的な目標にあなたの力を注いでください。 多くの人は、簡単に手に入れやすい、短期的な成功を追い求める仕事を選びますが、あなたの「最上志向」の才能は、長期に渡って可能性を最大化する場合に最も活発で効率的になります。
  • 自分の短所を補う方法を見つけてください。 たとえば、パートナーを見つけたり、サポートシステムを考案したり、自分の高い才能で弱い才能を補ったりします。
  • 人の成功を助ける仕事を選びます。 コーチング、管理、指導、教育などの仕事において、長所に重点を置くあなたの指導方法は非常に有益であることが実証されます。 多くの人は自分の長所を把握していないため、彼らがそれを明確に説明できるようにすることから始めます。
  • 他の人の能力を測る方法を考え出します。 こうした測定は長所を明らかにするために役立ちます。長所を見つける最善の方法は、継続して示される優れた能力を特定することだからです。

4. 内省

あなたは考えることが好きです。あなたは頭脳活動を好みます。あなたは脳を刺激し、縦横無尽に頭を働かせることが好きです。あなたが頭を働かせている方向は、 例えば問題を解こうとしているのかもしれないし、アイデアを考え出そうとしているのかもしれないし、あるいは他の人の感情を理解しようとしているのかもしれません。 何に集中しているかは、あなたの他の強みによるでしょう。一方では、頭を働かせている方向は一点に定まっていない可能性もあります。内省という資質は、あなたが何を考えているかというところまで影響するわけではありません。単に、あなたは考えることが好きだということを意味しているだけです。 あなたは独りの時間を楽しむ類の人です。なぜなら、独りでいる時間は、黙想し内省するための時間だからです。 あなたは内省的です。ある意味で、あなたは自分自身の最良の伴侶です。 あなたは自分自身にいろいろな質問を投げ掛け、自分でそれぞれの回答がどうであるかを検討します。 この内省という資質により、あなたは実際に行っていることと頭の中で考えて検討したことと比べた時、若干不満を覚えるかもしれません。あるいはこの内省という資質は、その日の出来事や、予定している人との会話などといったような、より現実的な事柄に向かうかもしれません。それがどの方向にあなたを導くにしても、この頭の中でのやりとりはあなたの人生で変わらぬものの一つです。

これは先の「慎重さ」と合わせて、悪い言い方をすれば「優柔不断」ともとれる内容です。親や兄弟からはよく優柔不断で決断するのが遅い、とか言われていて、それがコンプレックスになっていた部分があります。ただ、それは「物事を慎重に判断する」とも言えるわけで、そういった「重要なことがらは安易に決定しない」という意味で良い所を伸ばしていければと思っています。

また、このタイプは内向的で喋るのが苦手な人が多いように思います。それは喋る前に話す内容を頭で考えているためで、いわば話しながら次の話題を考えるのが難しいためです。ですから、このタイプの人が黙ってしまっても、それは相手が何を思ってそんな発言をしたのか、それに対して自分が次になにを喋ればいいのか考えているだけなのです。

2.0 による「内省」の活かし方についての補足

  • 哲学、文学、心理学を研究することを検討します。 あなたは常に思考を刺激するテーマを好みます。
  • メモや日記に自分のアイデアをリストアップします。 これらのアイデアは、あなたの心の糧となり、貴重な洞察を生み出します。
  • 「偉大な思想家」とみなす人たちとの関係を徐々に築きます。彼らが示す先例は、自分独自の考えに集中する力を与えてくれます。
  • 扉を閉ざしていたり、一人ですごしていたりすると、人々はあなたのことを超然として他人と関わりを持たない人間であると見なす可能性があります。 これは単にあなたの思考スタイルの現れであり、他人との関係を軽視している訳ではないこと、他人との関係を最も大事にしたい気持ちから出ていることを理解してもらうようにしてください。
  • 知的な試みを追いかけ、その試みがどこに向かっているかを知る時間を持つときに、あなたは最も能力を発揮します。 プロジェクトや取り組みの実行段階になってからではなく、初期段階から活動に参加してください。 実行段階で参加すると、あなたはすでに決定されている事項をひっくり返してしまう可能性があります。また、あなたの洞察力はこの段階では遅すぎて意味を持たない可能性があります。
  • 人々を知的で哲学的な討論に参加させることは、あなたが物事を理解する方法の1つです。 ただし、これはすべての人に当てはまる訳ではありません。 あなたの挑発的な質問は、このような討論をあなたと同じように楽しむことができる人に対して向けるようにしてください。
  • 考えるための時間をスケジュールしてください。考えることはあなたにエネルギーを与えます。 その機会を利用して、物事について深く考えたり、思案したりします。
  • 文章を書く時間を取ります。 書くことは、あなたにとって考えをまとめるのに最高の方法かもしれません。
  • 自分と同じ問題について話したいと思っている人を見つけます。 あなたが関心を持っているテーマを取り上げるディスカッショングループを組織します。
  • 質問を再構成したり、対話に参加させたりすることで、あなたの周囲の人達が存分に知性を発揮できるように励ますようにします。 同時に、このようなことに気後れを感じて、質問攻めにされる前にじっくり考える時間が必要な人がいることも理解してください。

5. 運命思考

偶然に起こることは一つもありません。 あなたは絶対にそう思っています。それは、 人々が互いに結びついていることを、心底から確信しているからです。 確かに人々は自分の行動を自分で決めることができる、自由な意志を持っている個別の人間です。とはいっても、 私たちは何かもっと大きな存在の一部なのです。 それをある人は人生の神秘と呼ぶかもしれません。それを精神あるいは生命力と呼ぶ人もいるでしょう。しかし 何と呼ぶかは問題ではありません。私たちは互いから隔絶されているわけではなく、地球や地球上の生命から切り離されてもいないと知っている ことで、あなたは安心感を得るのです。この運命思考という考え方には 一定の責任感が付随しています。 もし人々すべてがもっと大きな存在の一部であるなら、 人は他人を傷つけてはいけないのです――なぜなら、自らを傷つけることになるからです。人から搾取してはいけません――なぜなら、結局自分自身に返ってくることになるからです。 このような責任に対する認識が、あなたの価値体系を作り上げています。あなたは思慮深く、思いやりがあり、受容力があります。人々は皆同じであると確信しているあなたは、異なる文化を持つ人々の間で架け橋の役割を果たします。見えない力を敏感に感じ取り、 平凡な日常生活の中に意味があるという安心感を他の人に与えることができます。 あなたの信念は、あなたの育ちや文化によって決まりますが、それは強固なものです。 理屈では説明できないことに直面した時、それは、あなたやあなたの親しい友人を支えてくれます。

小さいころ、星新一のショートショートに親しんできました。そこでは人間も宇宙人の区別はそれほどありませんでした。宇宙は広く、人間はたまたま地球という星に生まれたちっぽけな存在です。「地球以外に知的生命体はいない」ということが証明できないなら、「知的生命体がいる」という確率は決して0ではないはずです。むしろ、そういった存在がありうるかもしれない、と考えたほうが楽しいとは思いませんか。

キリスト教や仏教の教えを学ぶ中で「自分は大いなる存在に生かされている自然の中の一部にすぎない」といういわば強烈な刷り込みがあります。ですから、上記のように人にしたことがそれが良いことでも悪いことでもいつか自分に返ってくる、「因果応報」の精神があります。であるなら、悪口を言ったりして他の人を傷つけたりすることは決してできないはずです。なぜなら、それはいずれまわりまわって自らに返ってくるのですから。

2.0 による「運命思考」の活かし方についての補足

  • 人の話を聞いたり、アドバイスをしたりする仕事を選びます。 日常のさまざまな出来事につながりや目的を見出す手助けをすることに優れた能力を発揮するでしょう。
  • 読書会を開いたり、修養会に参加したり、「運命思考」を実現する組織の活動に参加したりして、人との連帯感を高める方法を探ります。
  • 組織内で、日々の活動をより大きな視野でとらえる方法を同僚に教えます。 あなたはリーダーとして、チームを作り、それぞれのメンバーの重要性を意識させることができます。
  • あなたは組織やコミュニティが作り出す境界や制限を認識していると同時に、これらをシームレスで流動的だと捉えます。 「運命思考」の才能を利用して、知識の共有を阻む、自己中心的な仕事のやり方を打破してください。
  • 人の才能、行動、使命、成功の間に関係を築くことができるように手助けしましょう。 人は自分のやっていることに信念を持ち、何か大きなものの一部であると感じるとき、達成に向けてより尽力するものです。
  • 「コミュニケーション」の才能の高い人とパートナーになります。 このような人は、実世界における連帯性を具体的に表現する方法を学ぶのを助けてくれます。
  • 世界をクモの巣のようにつながったものとして見るように相手を説得することに時間をかけすぎないようにします。 あなたの連帯意識は直観的なものであることを理解してください。 相手があなたの直観力を理解できない場合は、論理的に説得することはできません。
  • あなたは、自分自身の利益、および直接つながりのある人々や影響がおよぶ範囲の利益を超えた、高次の目的を追求したいという人生観を持っています。 そのため、あなたはコミュニティや世界とのつながりをより幅広い視点から見ています。 それらの洞察を他の人に伝える方法を見つけてください。
  • あなたは、人は皆、基本的には同じだということを理解しているので、それを活かせるよう、世界や異文化と関わるような役割を担うといいでしょう。 総合的な能力を高め、人を「自分たち」と「他人」に分けて考える人々の発想を変えてください。
  • 「運命思考」の才能は、人間の外面を見るのではなく、その人の人間性を重視するのに役立ちます。 経歴がまったく異なる人と関わる場合に、この点を特に注意してください。 あなたは自然にレッテルを無視して、その人の本質的なニーズに注目することができます。


といったところで、診断結果に対して思い当たることを書いてみました。やってみる前までは半信半疑だったのですが、こんな結果が出ると、自分というものがどんなものなのか、ちょっと理解できた気がします。

今までは「優柔不断」「飽きっぽい」「内向的で喋るのが苦手」なことで悩んでいましたが、ここに書いてあることはただ事実であって、それをどう受け止めるかは自分自身なのだ、と気付かされました。何とか社交的になろうとか、喋れて楽しい人気者になろうとか思っていましたが、「最上志向」の結果のとおり、そういった短所を補えるくらい、長所を伸ばしていきたいと考えています。